県内花火8社「競宴花火」熱海の夜空彩る 静岡DCの開幕告げる

大型観光企画「静岡デスティネーションキャンペーン(DC)」の開幕に合わせた春季熱海海上花火大会が3月31日夜、熱海湾で開催された。
オープニングの大空中ナイアガラに続いて第2部がスペシャル企画、静岡県内の花火8社による「競宴花火」。藤枝市のイケブン、臼井煙火、静岡市の光屋窪田煙火工場、静玉屋、島田市の神戸煙火工場、浜松市の田畑煙火、南伊豆町のホソヤエンタープライズ、湖西市の三遠煙火がリレー方式で趣向を凝らせた自慢の花火を打ち上げ、熱海の夜空を彩った。第3部デジタルスターマイン、第4部春の花をイメージした「華の舞」と続き、通常より拡大した大空中ナイアガラで締めた。
競宴花火は1952年(昭和27年)にスタートした熱海海上花火大会で初めての試みで、午後8時20分からの35分間に約3千発を打ち上げた。観覧者からは「想像していた以上の内容。席料が2万円するお台場(東京都)の花火以上に見応えがあった」の声が聞かれた。
(熱海ネット新聞・松本洋二)
動画…D5930BFA-2831-434C-B44F-F486C88FA2B7
■観衆 1万4000人
■主催 熱海市ホテル旅館協同組合連合会
■静岡DC(静岡ディスティネーションキャンペーン)
JRグループ6社(北海道、東日本、東海、西日本、四国、九州)と地方自治体、地元観光経済関係者、旅行会社が協力して実施する国内最大級の観光キャンペーン。今年4月〜6月の3カ月間、静岡県内の観光地をターゲットに集中的な広告宣伝やプロモーションを実施し、全国から観光誘客を図る。
【熱海海上花火大会開催日】
■2019年(平成31年)
春 3/31(日)・4/20(土)・5/11(土)・5/26(日)・6/16(日)・6/29(土)
夏 7/26(金)・7/30(火)・8/5(月)・8/8(木)・8/18(日)・8/23(金)・8/30(金)
秋 9/16(月・祝)
冬 12/8(日)・12/15(日)




関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-1-22

    大相撲デビューの熱海富士、序ノ口で6勝1敗 千秋楽の優勝決定戦へ 

    大相撲初場所は1月22日、東京・両国国技館で13日目の取組が行われ、東序ノ口25枚目の熱海富士(1…
  2. 2021-1-22

    熱海市で高齢でない女性がコロナ感染 感染経路は県外陽性者との接触/1月22日

    静岡県は1月22日、熱海市に住む高齢でない成人の女性(熱海市68例目、県4101例目)の新型コロナ…
  3. 2021-1-22

    熱海市昭和町の雑居ビル火災 遺体の身元が判明 59歳の住人女性

    1月9日に熱海市昭和町のアパートや事務所が入った雑居ビルが全焼した火災で、焼け跡から見つかった遺体…
  4. 2021-1-22

    今宮神社、節分豆まきを中止 神事と福引きの抽選は実施

    熱海市の今宮神社は、2月2日に予定していた「節分豆祭」の豆まきの中止を決めた。午後5時から節分祭神…
ページ上部へ戻る