県内花火8社「競宴花火」熱海の夜空彩る 静岡DCの開幕告げる

大型観光企画「静岡デスティネーションキャンペーン(DC)」の開幕に合わせた春季熱海海上花火大会が3月31日夜、熱海湾で開催された。
オープニングの大空中ナイアガラに続いて第2部がスペシャル企画、静岡県内の花火8社による「競宴花火」。藤枝市のイケブン、臼井煙火、静岡市の光屋窪田煙火工場、静玉屋、島田市の神戸煙火工場、浜松市の田畑煙火、南伊豆町のホソヤエンタープライズ、湖西市の三遠煙火がリレー方式で趣向を凝らせた自慢の花火を打ち上げ、熱海の夜空を彩った。第3部デジタルスターマイン、第4部春の花をイメージした「華の舞」と続き、通常より拡大した大空中ナイアガラで締めた。
競宴花火は1952年(昭和27年)にスタートした熱海海上花火大会で初めての試みで、午後8時20分からの35分間に約3千発を打ち上げた。観覧者からは「想像していた以上の内容。席料が2万円するお台場(東京都)の花火以上に見応えがあった」の声が聞かれた。
(熱海ネット新聞・松本洋二)
動画…D5930BFA-2831-434C-B44F-F486C88FA2B7
■観衆 1万4000人
■主催 熱海市ホテル旅館協同組合連合会
■静岡DC(静岡ディスティネーションキャンペーン)
JRグループ6社(北海道、東日本、東海、西日本、四国、九州)と地方自治体、地元観光経済関係者、旅行会社が協力して実施する国内最大級の観光キャンペーン。今年4月〜6月の3カ月間、静岡県内の観光地をターゲットに集中的な広告宣伝やプロモーションを実施し、全国から観光誘客を図る。
【熱海海上花火大会開催日】
■2019年(平成31年)
春 3/31(日)・4/20(土)・5/11(土)・5/26(日)・6/16(日)・6/29(土)
夏 7/26(金)・7/30(火)・8/5(月)・8/8(木)・8/18(日)・8/23(金)・8/30(金)
秋 9/16(月・祝)
冬 12/8(日)・12/15(日)




関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-6-3

    特別定額給付金10万円 郵送申請分の振込み開始、初日は495世帯 熱海市

    国が国民1人当たり現金10万円を配る「特別定額給付金」の郵送申請者への給付が6月2日、熱海市でも始…
  2. 2020-6-3

    熱海市街、鮮やかな赤や赤紫に染まる ブーゲンビリアが一斉に満開

    熱海市街でブーゲンビリアが満開を迎え、鮮やかな赤や赤紫(マゼンタ)の花が初夏の街並みを彩っている。…
  3. 2020-6-3

    熱海市の高齢化率(65歳以上人口)47・8%、静岡県の市で抜けてトップ

    静岡県は、2020年4月1日現在の総人口に対する65歳以上(高齢化率)と75歳以上(後期高齢率)を…
  4. 2020-6-2

    アベノマスク、熱海市でも配布始まる 2万1588世帯3万6417人へ

    新型コロナウイルス感染拡大防止のため、政府が全戸に届ける布マスクの配達が熱海市でも始まった。2枚1…
ページ上部へ戻る