平成最後の「神輿下り」 伊豆山神社の厄年奉賛会と神社役員が市長訪問

伊豆山神社の例大祭(4月14日-16日)を前に、今年度、御鳳輦(ごほうれん)奉仕を行う厄年奉賛会「伊豆山巳午友志童會(みうまゆうしわっぱかい)」の役員が、熱海市役所に齊藤栄市長を表敬訪問。趣意書を手渡し、意気込みを語った。
訪れたのは、小川浩和会長と佐藤賢太副会長、名畑潤一運営本部長、坂本光正運営副本部長、中田圭一財務部長。同会顧問の高橋幸雄市議が同席した。
御鳳輦巡行は2日目の15日午後1時から行われ、宮神輿とともに石段837段を下り、その後、氏子町内を練り、お神酒をふるまって商売繁盛や家内安全を祈願する。

また同神社の原嘉孝宮司、大舘節生総代会長、当番町・岸谷町内会の當摩達夫会長、伊豆山浜町内会の中田剛允町内会長、牧野文弘総代会責任役員(伊豆山温泉観光協会会長)も市役所を訪れ、齋藤栄市長に今年度例大祭の概要を説明し、協力を求めた。
新宮司を迎えた昨年度から、神輿下りは古来の清々粛々と行うスタイルに変更。今年度も伝統の伊豆山スタイルを踏襲して行うという。

ソメイヨシノが満開を迎えた伊豆山神社の境内では、枝垂(しだれ)桜もまもなく満開を迎える。今年の例大祭は桜が舞う中で斎行されそうだ。
(熱海ネット新聞・松本洋二)

宵宮祭 4/14:20時(神事) (夕方:子供神輿町内巡幸)
例大祭 4/15:10時 神女舞・実朝の舞奉奏
神幸祭 4/15(雨天の場合は4/16)
・発輿祭13時 御列召立の儀(神輿下り)
・下宮祭14時 神女舞・実朝の舞奉奏
・還御祭15時
正殿祭 4/16:10時 神女舞及び実朝の舞奉奏
-神賑奉納諸行事-
例大祭奉祝古式み輿練り・伊豆山勢輿会 4/15 町内練り(18時頃~)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-9-22

    熱海市の最高齢者は女性105歳、男性103歳 今年度100歳は18人

    熱海市は、9月21日の敬老の日に合わせて市内の100歳以上の高齢者の状況(9月21日現在)を発表し…
  2. 2020-9-22

    秋分の日、熱海梅園でヒガンバナ見頃 秋の一日をスマホで切り取り

    秋分の日の9月22日、熱海梅園でヒガンバナ(彼岸花、別名:曼珠沙華=マンジュシャゲ)が見頃…
  3. 2020-9-21

    4連休、若い世代の観光客どっと 熱海市、コロナ禍以前のにぎわい戻る

    4連休さなかの9月21日、熱海市内には首都圏などから若い世代の大勢の観光客が訪れ、コロナ禍…
  4. 2020-9-21

    40代の兄弟逮捕 熱海市和田町の住宅に死体遺棄容疑

    熱海市和田町の住宅に身元不明の男性の遺体を遺棄したとして、熱海署は9月20日、三島市の40代の兄弟…
ページ上部へ戻る