全国最年長市議、山田治雄氏 12回目の挑戦にメディアも注目

91歳で12期目に挑む無所属の現職・山田治雄氏は4月14日、市内市内清水町の選挙事務所前で出陣式。全国の市議で最年長の第一声に、多くのテレビ局の取材クルーが駆けつけ、注目度はナンバー1だった。
山田氏は、44年間一貫して取り組んできた「市民こそ市政の主人公」「市民に一番近い議員」のキャッチフレーズを掲げ、4期目の齋藤栄市長が取り組む熱海2030ビジョンを「議会の立場で全力で支える」と訴えた。
「熱海市の65歳以上人口は47%を超えるが、裏を返せばそれだけ高齢者になっても、安心して健やかに住める政策が積極的に進められているということ」と強調。今後は障害を持つ未就学児童の支援や教育施設の整備、非正規職員と正規職員の資金格差の是正などを通して出生率の向上に取り組んでいくとした。

自身の健康問題については「大丈夫か、年齢のことを考えてえ見てはどうか、という声も沢山いただいたが、ご覧のように健康そのもの」と不安説を一掃した。
齊藤市長 は「V字回復した熱海をさらに発展させ、豊かな暮らしを実現するためには、市民のために働く山田治雄議員が必要」と投票を呼びかけた。
(熱海ネット新聞・松本洋二)
■山田治雄(やまだ・はるお)昭和2年、熱海市生まれ。91歳。帝京商業学校を中退し海軍航空隊に入隊。行政書士。市議11期。元議長。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-2-26

    新型コロナ 静岡県内の検査、24日までに75件 全員が「陰性」

    川勝平太静岡知事は2月25日、国内外で感染者が増えている新型コロナウイルスによる新型肺炎について、…
  2. 2020-2-26

    28日の逍遥忌記念祭の式典中止 “新型コロナ”に配慮 海蔵寺墓参は実施

    熱海市は2月26日、28日に起雲閣で予定していた「逍遥忌記念祭」の式典を中止すると発表した。新型コ…
  3. 2020-2-26

    渚親水公園の大寒桜が満開 熱海市街、梅から桜に主役が再交代

    季節の変わり目に差し掛かり、三寒四温の影響で熱海市街の大寒桜(おおかんざくら)が一斉に満開…
  4. 2020-2-26

    2月定例会で市長が施政方針 熱海フォーラム規模縮小 図書館抜きで整備

    熱海市議会2月定例会が2月25日、開会した。齋藤栄市長は施政方針演説で、新年度を「熱海2030年ビ…
ページ上部へ戻る