デカ!仮設テント「エアロシェルター」お披露目 雨天・炎天下、防災対策

熱海市の観光経済3団体(熱海市観光協会、熱海市ホテル旅館協同組合連合会、熱海商工会議所)が共同で購入した超軽量 大型仮設テント「エアロシェルター」が届き、4月20日、熱海サンビーチのサンデッキでお披露目された。
観光イベントや災害時など多目的に使用するもので、内部に250席を配置できるラージサイズ(間口19m、奥行10・95m、高さ6m)のテント2張りと120席配置できるミドルサイズ(間口12・6m、奥行7・3m、高さ4・5m)のテント1張り。設置スペースによって使い分け、ラージテントを2つ並べると500席分のスペースを用意できる。市の補助を得て購入した。熱海市観光協会分の最初のラージテントが届き、関係者にお披露目し、製造元の帝人フロンティア社の社員が使用法を説明した。
その後、齋藤栄市長が送風機のスイッチを入れるとシェルターは12分ほどで立ち上がり、出席した3団体の役員や市防災職員から拍手と歓声が起きた。
中島幹雄市観光協会会長は「これまで大きな課題だったのが降雨時のイベント開催や炎天下対策。この大きなエアロシェルターがあれば、訪れた観光客や市民の皆さんに快適な空間を提供できる。さっそく5月3日からの春のビール祭りで活用させていただく」と話し、会場となる親水公園イベント広場のステージをエアロシェルターで覆い、ドーム型ステージにするという。
台風などの災害で鉄道が止まり、帰宅困難者が出た際には、JR熱海駅前の市有地に設置する。市内の各観光協会、ホテル旅館組合および各種団体、各地区自治会(町内会、学校)にも市観光経済課や市観光協会を通じて貸し出すという。
(熱海ネット新聞・松本洋二)
■問い合わせ 熱海市観光協会 0557ー85ー2222
■エアロシェルター テイジンが開発したポリエステル繊維「テイジン テトロン パワーリップ」を使用し、特殊ウレタン樹脂の薄膜でコーティング。高い耐久性を持ち、数人で持ち運べる軽い素材。


終了後や移動時はこの黒い袋にコンパクトに収納

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-8-7

    「熱海市の発展に使って」市にゆかりのある夫妻が匿名で3000万円寄付

    熱海市は8月7日、「熱海市の発展のために使ってほしい」と、熱海市にゆかりのある夫妻から現金3000…
  2. 2020-8-7

    【お悔やみ】石塚周三さん(熱海市和泉)8月4日死去

    石塚周三さん(いしづか・しゅうぞう)8月4日死去、79歳。熱海市泉。通夜8日午後6時。葬儀9日午後…
  3. 2020-8-6

    熱海サンビー混雑状況 初めて「普通」表示 800人以下の「空き」脱出

    熱海海上花火大会が開催された8月5日、熱海サンビーチには首都圏などから多くの海水浴客が訪れた。新型…
  4. 2020-8-6

    4カ月遅れて熱海海上花火大会 ライブ配信が奏功 生観覧は例年の約4割

    新型コロナウイルスの影響で4月から中止が続いた熱海海上花火大会が8月5日夜、熱海湾であり、…
ページ上部へ戻る