初夏の味覚に舌鼓、 GWの風物詩 初島ところ天祭り 大賑わい


首都圏に最も近い有人島、熱海市初島で5月1日、初島ところ天祭りが始まった。今年で44回目。初島港前特設会場では初島名物のところ天を1杯100円で提供し、ところてんの原料である地元特産のテングサをPR。東京、神奈川などから訪れた観光客らが酢醤油、初島風のみそだれ、黒みつから好みのたれを選んで初夏の味覚を味わった。
会場の一角では、熱海港と同島を結ぶフェリー「イルドバカンス」の到着に合わせて同島で採れた天草を大鍋で煮る実演をし、ざるや布でこしたりしてところてん作りを披露。行楽客に初島の魅力をアピールした。会場ではサザエつぼ焼きや原料のテングサ、ところてん、黒磯のりなど初島の特産品を販売。島内の民宿に宿泊した人には、ところてん試食券のプレゼントもある。
期間中(5日まで)の来島客数は1万人を見込んでいる。午前10時~午後4時。各日1200食を用意している。
(熱海ネット新聞・松本洋二)
■問い合わせは0557-67-1400(初島区事業協同組合)




関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-1-18

    人気ユーチューバー佐藤ひとみさん、熱海市に30万円寄付 愛のサークルリンク

    コロナ禍などによる生活困窮者の食糧支援に取り組む一般財団法人愛のサークルリンク(佐藤ひとみ代表)は…
  2. 2021-1-18

    熱海市で高齢者男性1人がコロナ感染 感染経路は県外陽性者との濃厚接触

    静岡県は1月18日、熱海市に住む高齢の男性(熱海市83例目、県3876例目)の新型コロナウイルス感…
  3. 2021-1-18

    来宮神社、コロナ感染拡大で節分豆まき中止 神事と福引抽選会のみ実施

    熱海市の来宮神社は、2月2日に予定していた「節分祭・豆まき」の中止を決めた。例年、節分の日に合わせ…
  4. 2021-1-18

    和田木など南熱海4地区で「どんどん焼き」 燃える炎にコロナ終息祈る

    新春の風物詩「どんどん焼き」が1月17日午前、南熱海の4地区で開催された。もっとも歴史のあ…
ページ上部へ戻る