初夏の味覚に舌鼓、 GWの風物詩 初島ところ天祭り 大賑わい


首都圏に最も近い有人島、熱海市初島で5月1日、初島ところ天祭りが始まった。今年で44回目。初島港前特設会場では初島名物のところ天を1杯100円で提供し、ところてんの原料である地元特産のテングサをPR。東京、神奈川などから訪れた観光客らが酢醤油、初島風のみそだれ、黒みつから好みのたれを選んで初夏の味覚を味わった。
会場の一角では、熱海港と同島を結ぶフェリー「イルドバカンス」の到着に合わせて同島で採れた天草を大鍋で煮る実演をし、ざるや布でこしたりしてところてん作りを披露。行楽客に初島の魅力をアピールした。会場ではサザエつぼ焼きや原料のテングサ、ところてん、黒磯のりなど初島の特産品を販売。島内の民宿に宿泊した人には、ところてん試食券のプレゼントもある。
期間中(5日まで)の来島客数は1万人を見込んでいる。午前10時~午後4時。各日1200食を用意している。
(熱海ネット新聞・松本洋二)
■問い合わせは0557-67-1400(初島区事業協同組合)




関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-2-19

    アイドル梅「思いのまま」、乱雪など遅咲き梅が主役に 熱海梅園

    梅まつり開催中の熱海梅園では、思いのまま、乱雪、白獅子、東錦、緑顎(りょくがく)枝垂れなどの遅咲き…
  2. 2020-2-19

    川勝知事、新型コロナウイルスを警戒 24時間体制で電話相談窓口

    新型コロナウイルスの感染拡大を受け、川勝平太静岡知事は2月18日、急きょ会見を開き、新型コロナウイ…
  3. 2020-2-19

    【お悔やみ】三谷つるさん(熱海市青葉町)2月16日死去

    三谷つるさん(みたに・つる)2月16日死去、89歳。熱海市青葉町。通夜20日午後6時。葬儀21日午…
  4. 2020-2-18

    大寒桜、大島桜、寒緋桜…あたみ桜に代わってが一斉に見頃

    東海地方で2月16日夜、春一番が吹いた影響で17日は暖かい南寄りの風で4月上旬の暖かさとな…
ページ上部へ戻る