山肌に「ヒメノサワ」の花文字 姫の沢公園「花まつり」開幕

熱海市の姫の沢公園で5月3日、恒例の「花まつり」が始まった。鮮紅、紅紫、白、ピンクのツツジ約6万株が新緑の山肌を鮮やかに染め、ツツジ山の斜面に「ヒメノサワ」の花文字が浮かびあがった。同公園には丘陵地形を生かして淡いピンクの日本シャクナゲや白や赤色の西洋シャクナゲが約500本植栽されており、緑の葉に花の絨毯(じゅうたん)が広がる。
公園入り口には、41匹のこいのぼりがツツジを背景に元気に泳ぎ、来園者はツツジ山を歩いたり、写真に収めたりしてGWを楽しんでいる。

日本の都市公園100選に選ばれている同公園は、今年4月から管理が熱海市振興公社から姫の沢公園パートナーズ(代表団体・伊豆箱根鉄道)に代わり、花まつりも引き続き開催。鯉のぼりが泳ぐ広場では、飲食・物販の販売やステージイベント、ワードラリーのほか、5日と6日は「大声大会」を初開催する。

■問い合せ0557-83-5301(姫の沢公園パートナーズ)
(熱海ネット新聞・松本洋二)




関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2019-8-17

    去りゆく夏、大輪が網代温泉の夜空焦がす 南熱海夏イベントの掉尾飾る

    熱海市の網代湾で8月16日午後8時20分から、網代温泉海上花火大会(同温泉観光協会…
  2. 2019-8-17

    熱海の夏の風物詩「百八体流灯祭 」 270基のかがり火で精霊送る

    お盆に迎えた先祖の霊を送る伝統行事「百八体流灯祭」(多賀観光協会主催)が8月16日午後8時…
  3. 2019-8-17

    送り盆行事 「灯ろう流し」 揺れる光見つめ、先祖の魂を弔う 熱海市・長浜海岸

    先祖や亡くなった人の霊を供養する送り盆の行事「灯ろう流し」が8月16日、熱海市上多賀の長浜…
  4. 2019-8-16

    日本初の人工海水浴 隠れた人気、伝説の網代温泉海水浴場

    熱海市にある3つの海水浴場の中で、ひときわ異彩を放つのが網代温泉海水浴場(大縄)。熱海市下…
ページ上部へ戻る