山肌に「ヒメノサワ」の花文字 姫の沢公園「花まつり」開幕

熱海市の姫の沢公園で5月3日、恒例の「花まつり」が始まった。鮮紅、紅紫、白、ピンクのツツジ約6万株が新緑の山肌を鮮やかに染め、ツツジ山の斜面に「ヒメノサワ」の花文字が浮かびあがった。同公園には丘陵地形を生かして淡いピンクの日本シャクナゲや白や赤色の西洋シャクナゲが約500本植栽されており、緑の葉に花の絨毯(じゅうたん)が広がる。
公園入り口には、41匹のこいのぼりがツツジを背景に元気に泳ぎ、来園者はツツジ山を歩いたり、写真に収めたりしてGWを楽しんでいる。

日本の都市公園100選に選ばれている同公園は、今年4月から管理が熱海市振興公社から姫の沢公園パートナーズ(代表団体・伊豆箱根鉄道)に代わり、花まつりも引き続き開催。鯉のぼりが泳ぐ広場では、飲食・物販の販売やステージイベント、ワードラリーのほか、5日と6日は「大声大会」を初開催する。

■問い合せ0557-83-5301(姫の沢公園パートナーズ)
(熱海ネット新聞・松本洋二)




関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-6-5

    自民県議連、起雲閣で熱海・伊東の経済団体と意見交換 県への要望聴取

    静岡県議会の最大会派「自民党改革会議」の観光産業振興議員連盟(宮沢正美会長)は6月4日、熱…
  2. 2020-6-4

    コロナ対策優先、熱海フォーラム事業凍結 齋藤栄市長が議会で表明 

    熱海市の齋藤栄市長は6月4日、市議会6月定例会で、新型コロナウイルスの感染拡大防止に対応するため、…
  3. 2020-6-3

    【動画】イベント自粛中の熱海梅園でゲンジボタル、ひっそりと幻想的な光のショー 

    例年なら6月上旬は初夏の風物詩「熱海梅園初川清流ほたる鑑賞の夕べ」の真っ只中。多くの観光客や市民が…
  4. 2020-6-3

    特別定額給付金10万円 郵送申請分の振込み開始、初日は495世帯 熱海市

    国が国民1人当たり現金10万円を配る「特別定額給付金」の郵送申請者への給付が6月2日、熱海市でも始…
ページ上部へ戻る