風薫る5月、薄紫色の花咲き誇る 自生のフジが甘い香り/熱海市・笹良ケ台

熱海市街から姫の沢公園に向かう笹良ケ台バス停上の糸川起点付近に自生するフジの花が今年も見ごろを迎えた。房状に垂れ下がった薄紫色の可憐な花がほのかな甘い香りを漂わせ、西熱海ゴルフコースや姫の沢公園に向かうレジャー客の目を楽しませている。
安全なところに車を止めてしばしの森林浴、リフレッシュする人もいる。日一日と咲く花が増えており、新葉の緑と空色に藤色がよく映える。風薫る5月ー。
(熱海ネット新聞・花取材班)
写真=5月9日撮影


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2019-8-18

    今宮元祷會が本格始動 10月の今宮神社例大祭に向け御神幸ルートを下見

    今宮神社の例大祭(10月19日、20日)が2カ月後に近づき、令和元年度の御鳳輦奉仕を行う厄年奉賛会…
  2. 2019-8-18

    浴衣姿で熱海の魅力発信 初島航路の定期船でファッションショー

    熱海市街を着物姿で散策し、熱海の魅力アップに務める「あたみ着物姿普及委員会」(永田雅之代表)は8月…
  3. 2019-8-17

    去りゆく夏、大輪が網代温泉の夜空焦がす 南熱海夏イベントの掉尾飾る

    熱海市の網代湾で8月16日午後8時20分から、網代温泉海上花火大会(同温泉観光協会…
  4. 2019-8-17

    熱海の夏の風物詩「百八体流灯祭 」 270基のかがり火で精霊送る

    お盆に迎えた先祖の霊を送る伝統行事「百八体流灯祭」(多賀観光協会主催)が8月16日午後8時…
ページ上部へ戻る