熱海国際映画祭、赤字額を61万円から大幅下方修正 未払金約850万円

熱海市で昨年6月に開催された「第1回熱海国際映画祭」の収支を巡り、主催した実行委員会の内部で仲違いがあり、未払金が約850万円あることが分かった。
熱海国際映画祭実行委員会は昨年9月26日、熱海市役所で第1回熱海国際映画祭の報告記者会見を開き、同映画祭業務執行担当の髪林孝司氏(フォーカス代表取締役)が8月期の決算予想を公表した。収入はチケットの売り上げ金536万5500円など3458万4422円、支出は3520万754円。マイナス61万6332円で、赤字分はフォース社が負担するとしていた。

しかし、その後、実行委員会の構成企業の一つ、スカパー・ブロードキャスティングに対する未払金などが約850万円あることが分かった。スカパー社分(約750万円)は、K-POPイベント「パク・シフ スペシャルトークショー」の出演料などの立替金で、入場料収入が予想を大幅に下回ったのが原因。費用はフォーカス社が実行委員会を通じて全額支払う取り決めになっていたが、遵守されなかったため、市などに内部告発があり、明らかになっていなかった負債が発覚した。
実行委員会関係者によれば、これらの未払金について、フォーカス社は一部を支払った上で残額は「今年度と来年度の熱海国際映画祭の予算の中から支払う」と話しているという。
熱海市は「市の追加支出はしない」とした上で、他に未払金がないかも含めて詳細に調査し、近日中に説明会を開く方針。第2回熱海国際映画祭(6月28日から7月1日)は実行委員会の構成を一部変えて予定通り開催するという。
(熱海ネット新聞・松本洋二)


■第1回熱海国際映画祭の主催 熱海国際映画祭実行委員会(熱海市、イオンシネマ、スカパー・ブロードキャスティング、全日空、フォーカスで構成) 写真は右から髪林孝司氏(フォーカス)、齊藤栄市長、掛川義光氏(スカパーブロードキャスティング)=昨年4月17日


前部席は有料入場者、後部席は無料招待者

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-4-19

    【お悔やみ】秋山和歌子さん(熱海市上多賀)4月17日死去

    秋山和歌子さん(あきやま・わかこ)4月17日死去、75歳。熱海市上多賀743。モンマート伊豆弥。通…
  2. 2021-4-18

    「まん延」で首都圏の日帰り客激減 宿泊客がゆったり花火見物

    今年度最初の熱海海上花火大会が4月17日、熱海湾で開催された。前線の影響で小雨が降り続く中…
  3. 2021-4-17

    「初島ところ天祭り」2年連続で中止 首都圏のコロナ感染再拡大で

    熱海市の初島区事業共同組合は、第46回「初島ところ天祭り」の中止を決めた。同組合は例年5月…
  4. 2021-4-16

    色鮮やかなツツジ、今年も晩春パノラマ MOA美術館「水晶殿」

    熱海市のMOA美術館のエスカレーター入口近くの展望台「水晶殿」でツツジが見ごろを迎えた。台…
ページ上部へ戻る