「湯かけまつり神輿パレード」 5月25日夜に湯河原町と熱海市・泉公園で

沿道の人々が盛大に神輿に湯を掛ける「湯かけまつり神輿パレード」が5月25日(土)夜、湯河原町と熱海市・泉公園で開かれる。江戸時代、温泉を大名家や御用邸に献上した歴史にちなみ、熊野神社(湯河原町)の例大祭に合わせて開催する。両市町の境を流れる千歳川の上流「藤木川」の不動滝を午後7時に出発し、宿泊客の女性神輿、湯河原睦会、素鳶、巽連の神輿が、見物客からお湯をかけられながら約2キロを練り歩く。沿道には温泉の「湯」が入った樽(1000樽、約60トン)がずらりと並び、観客が神輿めがけて威勢よく「湯」をかける。

メーン会場の湯河原観光会館前広場到着は午後8時。フィナーレ会場の泉公園には午後9時に到着(火入れ式午後8時50分)。泉太鼓の演奏や神輿甚句が響き渡るなか、勇壮な練りがいくつも重なり、クライマックスを迎える。
パレードで交通規制されるため、見物にはバスが便利。伊豆箱根バスが午後6時33分から同9時33分まで湯河原駅と会場近くの理想郷バス停まで折り返し運行する。以降は通常運転に戻る。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-5-28

    特別定額給付金10万円 熱海市、第1回目の振込実施 オンライン申請者へ

    新型コロナウイルスに伴う緊急経済対策として国が国民1人当たり10万円を配る特別定額給付金について …
  2. 2020-5-28

    熱海梅園でゲンジボタルの「夜間飛行」始まる いくつもの幻想的な光跡

    「ホタルの名所」熱海梅園で5月27日夜、ホタルたちが飛び交い始めた。園内を流れる初川支流の通称「ほ…
  3. 2020-5-27

    コロナ時代の「新しい生活様式」、カウンター席に「仕切り」 あたみ田中家

    新型コロナウイルス感染拡大に伴う政府の緊急事態宣言が全面解除され、首都圏からの観光客が約8…
  4. 2020-5-27

    熱海市 6月1日から文化、公園、観光施設を再開 起雲閣、海釣り施設など

    熱海市は5月27日、新型コロナウイルス対策で臨時休館していた文化施設と公園施設、観光施設の一部を6…
ページ上部へ戻る