湯浴び、勇壮な練り 泉公園でクライマックス/湯かけまつり神輿パレード

温泉に感謝を込めて、沿道の人々が盛大に神輿に湯を掛ける第36回「湯かけまつり神輿パレード」が5月25日夜、湯河原町と熱海市の泉公園で開催され、多くの観光客や地域住民がかけつけた。両市町の境を流れる千歳川の上流「藤木川」の不動滝を午後7時に出発した宿泊客の神輿、湯河原睦会、素鳶、巽連の神輿が、見物客からお湯をかけられながら約2キロを練り歩いた。
沿道には温泉の「湯」が入った樽(1000樽、約60トン)が用意され、観客が神輿めがけて威勢よく「湯」をかけた。熱海市からも神輿団体が駆け付け、まつりを盛り上げた。

パレードは午後9時にフィナーレ会場の泉公園に到着。泉太鼓の演奏や「どっこいそーりゃ」の神輿甚句が響き渡るなか、勇壮な練りがいくつも重なり、最高潮に達した。火入れ式には渡辺宗雄伊豆湯河原温泉観光協会会長、藤曲敬宏県議、竹部隆市議会議長、富田幸宏湯河原町長、露木寿雄同議長、目黒俊男熱海市ホテル旅館協同組合前理事長参加した。
湯かけまつりは江戸時代、将軍家や大名家に樽詰にした温泉を献上する「献湯神輿」出発の際、道中の安全を祈願してお湯をかけてお祓いする儀式を再現したもので、湯河原町の熊野神社の春の例大祭にあたる5月の第4土曜日に「湯かけまつり」として催される。熱海市の伊豆湯河原温泉観光協会、湯河原町の湯河原温泉観光協会が毎年合同で開催している。
(熱海ネット新聞・松本洋二)




泉公園




湯河原観光会館

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-6-3

    【動画】イベント自粛中の熱海梅園でゲンジボタル、ひっそりと幻想的な光のショー 

    例年なら6月上旬は初夏の風物詩「熱海梅園初川清流ほたる鑑賞の夕べ」の真っ只中。多くの観光客や市民が…
  2. 2020-6-3

    特別定額給付金10万円 郵送申請分の振込み開始、初日は495世帯 熱海市

    国が国民1人当たり現金10万円を配る「特別定額給付金」の郵送申請者への給付が6月2日、熱海市でも始…
  3. 2020-6-3

    熱海市街、鮮やかな赤や赤紫に染まる ブーゲンビリアが一斉に満開

    熱海市ではブーゲンビリアが満開を迎え、鮮やかな赤や赤紫(マゼンタ)の花が初夏の街並みを南国ムードに…
  4. 2020-6-3

    熱海市の高齢化率(65歳以上人口)47・8%、静岡県の市で抜けてトップ

    静岡県は、2020年4月1日現在の総人口に対する65歳以上(高齢化率)と75歳以上(後期高齢率)を…
ページ上部へ戻る