熱海市街が青紫一色、R135はジャカランダストリートに変貌

「ジャカランダ・フェスティバル」が開幕した6月8日、糸川付近の国道135号線でもジャカランダが一斉に見ごろを迎え、親水公園一帯が計140本の青紫の花でブルーに染まった。
市内渚町のジョナサン熱海サンビーチ店からスパ・マリーナ熱海前(ローソン横)、ライスボールに至る歩道は「ジャカランダストリート」として知られ、25本の青紫の可憐な花が南国ムードを醸し出している。
JR熱海駅では東京、神奈川、名古屋などからこの花を目当てに訪れた観光客で終日混雑。改札口や観光案内所にはジャカランダが飾られ、咲見町でも地元住民が新たに鉢植えし、訪れる人たちを出迎えている。ジャカランダはハンディホームセンター熱海店、市内の生花店などで販売している。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2019-8-17

    去りゆく夏、大輪が網代温泉の夜空焦がす 南熱海夏イベントの掉尾飾る

    熱海市の網代湾で8月16日午後8時20分から、網代温泉海上花火大会(同温泉観光協会…
  2. 2019-8-17

    熱海の夏の風物詩「百八体流灯祭 」 270基のかがり火で精霊送る

    お盆に迎えた先祖の霊を送る伝統行事「百八体流灯祭」(多賀観光協会主催)が8月16日午後8時…
  3. 2019-8-17

    送り盆行事 「灯ろう流し」 揺れる光見つめ、先祖の魂を弔う 熱海市・長浜海岸

    先祖や亡くなった人の霊を供養する送り盆の行事「灯ろう流し」が8月16日、熱海市上多賀の長浜…
  4. 2019-8-16

    日本初の人工海水浴 隠れた人気、伝説の網代温泉海水浴場

    熱海市にある3つの海水浴場の中で、ひときわ異彩を放つのが網代温泉海水浴場(大縄)。熱海市下…
ページ上部へ戻る