令和初の例大祭、決意新たに成功誓う 来宮神社祭典委員会が事務所開き

熱海市の来宮神社例大祭(7月14日〜16日)を前に令和元年度の来宮神社祭典委員会(岸秀明委員長)は6月11日、市内咲見町に設けた同委員会の事務所開きを行った。
委員や来賓ら80人が見守る中、雨宮盛克宮司が祝詞を奏上し、神事を行った。続いて岸秀明祭典委員長、高田俊彦副委員長(医王寺住職)、湊克重御神幸行列統括、若林正、鈴木秀旺、犬飼啓介、三宅範之同神社責任役員、神女神楽保存会・本多勇治会長、御獅子保存会・米倉久高会長、宮神輿保存会・山田康夫会長、北部地区9町の町内会長、本年度厄年奉賛会「来宮結葉桃一會(きのみやむすびばとういつかい)」戸塚雄史郎会長らが順に玉串を捧げ、1カ月後に迫った例大祭へ向けて決意を新たにし、成功を祈願した。
岸委員長は「責任当番町となり、咲見町が心を一つにし、自分たちの持ち場をしっかり務め、お正月、節分、紀元節など数々のご奉仕をさせていただいた。いよいよメーンとなる例大祭を迎える。この勢いで記憶に残る、安全で素晴らしいお祭りになるように頑張っていく」と決意を述べた。
雨宮宮司は「令和を迎えて初めての例大祭、新しい時代にふさわしい、いいお祭りとなりますように祈念している」と述べた。
(熱海ネット新聞)



関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-2-26

    新型コロナ 静岡県内の検査、24日までに75件 全員が「陰性」

    川勝平太静岡知事は2月25日、国内外で感染者が増えている新型コロナウイルスによる新型肺炎について、…
  2. 2020-2-26

    28日の逍遥忌記念祭の式典中止 “新型コロナ”に配慮 海蔵寺墓参は実施

    熱海市は2月26日、28日に起雲閣で予定していた「逍遥忌記念祭」の式典を中止すると発表した。新型コ…
  3. 2020-2-26

    渚親水公園の大寒桜が満開 熱海市街、梅から桜に主役が再交代

    季節の変わり目に差し掛かり、三寒四温の影響で熱海市街の大寒桜(おおかんざくら)が一斉に満開…
  4. 2020-2-26

    2月定例会で市長が施政方針 熱海フォーラム規模縮小 図書館抜きで整備

    熱海市議会2月定例会が2月25日、開会した。齋藤栄市長は施政方針演説で、新年度を「熱海2030年ビ…
ページ上部へ戻る