多彩な収益事業で今年度も黒字、中島幹雄会長を再任/熱海市観光協会

熱海市観光協会は6月11日、熱海聚楽ホテルで2019年度定時社員総会を開いた。任期満了に伴う役員改正では、中島幹雄氏(中島水産代表取締役)を再選した。任期は2年。他の観光協会が市などの補助金の中で事業を展開する中、熱海市観光協会は2018年年度の事業費1億7200万円の内、熱海市からの補助金は約7000万円。残る1億円超は収益事業の自主財源で賄い、90万円の黒字を計上。経営手腕が高く評価された。

平成2019年度事業計画・収支予算も決め、今年度予算は事業効率を高め、前年度より878万円削り、1億5722万円。主な事業ではミス熱海オーディション、磐梯熱海温泉(福島県)の復興支援ツアー(10月)など自主企画観光ツアーなどを行う。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2019-8-17

    去りゆく夏、大輪が網代温泉の夜空焦がす 南熱海夏イベントの掉尾飾る

    熱海市の網代湾で8月16日午後8時20分から、網代温泉海上花火大会(同温泉観光協会…
  2. 2019-8-17

    熱海の夏の風物詩「百八体流灯祭 」 270基のかがり火で精霊送る

    お盆に迎えた先祖の霊を送る伝統行事「百八体流灯祭」(多賀観光協会主催)が8月16日午後8時…
  3. 2019-8-17

    送り盆行事 「灯ろう流し」 揺れる光見つめ、先祖の魂を弔う 熱海市・長浜海岸

    先祖や亡くなった人の霊を供養する送り盆の行事「灯ろう流し」が8月16日、熱海市上多賀の長浜…
  4. 2019-8-16

    日本初の人工海水浴 隠れた人気、伝説の網代温泉海水浴場

    熱海市にある3つの海水浴場の中で、ひときわ異彩を放つのが網代温泉海水浴場(大縄)。熱海市下…
ページ上部へ戻る