来宮神社例大祭まで1カ月 咲見町・岸祭典委員長、市長に協力要請

来宮神社例大祭(7月14~16日)が1カ月後に近ずいた6月17日、祭典委員会の代表者3人が市役所に齋藤栄市長市長を表敬訪問し、趣意書を添えて協力を要請した。訪れたのは岸秀明祭典委員長、高田俊彦誠常任副委員長、水谷幸伸総務部長。今年の当番町はの東部9町で責任当番町は咲見町が務める。
岸委員長は「平成3年以来、28年ぶりに責任当番町が回ってきて全員が初めての経験。それでもどうせやらせていただくなら、みんなで心を一つにして協力し合い、達成感が出せるようにと準備を進めてきた。この経験を咲見町の躍進につなげたい」と述べ、齊藤市長は「今の熱海人気を牽引しているのは来宮神社という話をよく聞く。その例大祭の責任当番町を機に咲見町をいっそう盛り上げていくという力強い決意をいただいた。事故や体調に気をつけて、成功裏に勤め上げることを祈念している」と応じた。
例大祭は14日に宵宮、15、16日に本祭が斎行され、15日の神幸祭で神輿(みこし)下りなど厄年奉仕の神輿渡御が行われる。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-8-7

    「熱海市の発展に使って」市にゆかりのある夫妻が匿名で3000万円寄付

    熱海市は8月7日、「熱海市の発展のために使ってほしい」と、熱海市にゆかりのある夫妻から現金3000…
  2. 2020-8-7

    【お悔やみ】石塚周三さん(熱海市和泉)8月4日死去

    石塚周三さん(いしづか・しゅうぞう)8月4日死去、79歳。熱海市泉。通夜8日午後6時。葬儀9日午後…
  3. 2020-8-6

    熱海サンビー混雑状況 初めて「普通」表示 800人以下の「空き」脱出

    熱海海上花火大会が開催された8月5日、熱海サンビーチには首都圏などから多くの海水浴客が訪れた。新型…
  4. 2020-8-6

    4カ月遅れて熱海海上花火大会 ライブ配信が奏功 生観覧は例年の約4割

    新型コロナウイルスの影響で4月から中止が続いた熱海海上花火大会が8月5日夜、熱海湾であり、…
ページ上部へ戻る