フォーカス社の多額債務、市は2月に掌握 新聞報道まで隠蔽 決算書もノーチェック

熱海市が、昨年の第1回熱海国際映画祭に関して今年2月の時点で実行委員会内で1771万円の債務弁済に関わる公正証書が作成するなど、多額の債務を確認していたことが分かった。市は今年度当初予算を審議した2月定例会で第1回熱海国際映画祭の収支はマイナス61万円と報告していたが、同時期に業務執行担当の髪林孝司氏が代表取締役を務めるフォーカス社がスカパーブロードキャスティングに対し、4回に分割して返済する内容の公正証書を作成。しかもまだ完済しておらず、不履行の場合は、実行委員会の構成メンバーである熱海市に請求される可能性がある。
この問題を6月20日の一般質問で取り上げた杉山利勝議員(熱海成風会)は「多額の負債を承知しておきながら、議会に報告しておらず、議会軽視」と指摘。5月に新聞報道されるまで公表しなかったのは「隠蔽(いんぺい)としか言いようがない」と糾弾した。さらに第2回熱海国際映画祭の負担金として500万円を支出していることに「2回目のスターティング費用が目的のはずだが、1回目の負債返済に充てられている」と迫った。また、5月20日の市長の開催会見から同27日の撤退会見に至る決定が、市の最高意思決定機関である「部長会議」で審議せず、市長が独断で決めたことも判明した。
齋藤栄市長は「債務の認識が甘かった。複数年で損益をバランスさせていく意識があり、8月を期末とする決算で報告するつもりだった」と釈明。あらためて「第三者委員会の中で検証し、反省点を明確にする」と述べた。
赤尾光一氏(熱海成風会)は市当局に第1回熱海国際映画祭の決算書の開示を求めたが、「運営会社(フォーカス社)が保有しており、入手できない」と弁明。チェック機能が機能していない事が浮き彫りとなった。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-6-4

    コロナ対策優先、熱海フォーラム事業凍結 齋藤栄市長が議会で表明 

    熱海市の齋藤栄市長は6月4日、市議会6月定例会で、新型コロナウイルスの感染拡大防止に対応するため、…
  2. 2020-6-3

    【動画】イベント自粛中の熱海梅園でゲンジボタル、ひっそりと幻想的な光のショー 

    例年なら6月上旬は初夏の風物詩「熱海梅園初川清流ほたる鑑賞の夕べ」の真っ只中。多くの観光客や市民が…
  3. 2020-6-3

    特別定額給付金10万円 郵送申請分の振込み開始、初日は495世帯 熱海市

    国が国民1人当たり現金10万円を配る「特別定額給付金」の郵送申請者への給付が6月2日、熱海市でも始…
  4. 2020-6-3

    熱海市街、鮮やかな赤や赤紫に染まる ブーゲンビリアが一斉に満開

    熱海市ではブーゲンビリアが満開を迎え、鮮やかな赤や赤紫(マゼンタ)の花が初夏の街並みを南国ムードに…
ページ上部へ戻る