雨に濡れるジャカランダ、今や梅雨の熱海の救世主 傘を手に観光客続々

熱海市東海岸町のジャカランダ遊歩道で開催中の「ATAMIジャカランダフェスティバル2019」が6月23日で閉幕する。しかし、今年は当たり年で見頃が続き、イベントが終わるのが残念なほど咲き誇っている。22日は朝から雨が降り続いたが、傘を手にした観光客が次々に訪れ、雨に濡れたジャカランダに見入っていた。うっとおしい梅雨も、釣り鐘のような形をしたこの青紫の花を見ると癒される。見頃は6月末まで続き、梅雨で閑散期だった熱海のいまや救世主に。フェスティバルが終わっても花は十分楽しめる。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-4-18

    「まん延」で首都圏の日帰り客激減 宿泊客がゆったり花火見物

    今年度最初の熱海海上花火大会が4月17日、熱海湾で開催された。前線の影響で小雨が降り続く中…
  2. 2021-4-17

    「初島ところ天祭り」2年連続で中止 首都圏のコロナ感染再拡大で

    熱海市の初島区事業共同組合は、第46回「初島ところ天祭り」の中止を決めた。同組合は例年5月…
  3. 2021-4-16

    色鮮やかなツツジ、今年も晩春パノラマ MOA美術館「水晶殿」

    熱海市のMOA美術館のエスカレーター入口近くの展望台「水晶殿」でツツジが見ごろを迎えた。台…
  4. 2021-4-16

    ツツジ、姫の沢公園の山肌赤く染める 例年より2週間早く見ごろに

    熱海市の姫の沢公園で約6万株の赤やピンクのツツジが見ごろを迎えた。例年より2週間ほど早い。…
ページ上部へ戻る