3億7500万円で購入した熱海岡本ホテル跡地 さらに2億円必要

熱海市は熱海岡本ホテル跡地(上宿町市有地)に市民ホール、図書館などの複合施設を整備する「熱海フォーラム事業」(仮称)について、令和2年(2020年)9月までに着工する方針を明らかにした。6月21日の市議会6月定例会で村山憲三氏(熱海市政査会)の質問に、市当局が「費用、財源を今年度中に基本的な方針を定めたのち、施設の概要とともに組み立て、令和2年9月までに着工を目指す」と答えた。
ここまでは着工を心待ちしていた市民を安堵させたが、思わぬ難題が浮上した。同氏の「上宿町市有地に埋まる旧建物の基礎部分を整備する見積り額は」の質問に市当局は「2億円程度」と答えた。
熱海市は旧熱海岡本ホテルの建物を解体した土地を2014年4月に「株式会社ひまわり」から3億7500万円で購入したが、地中にある擁壁や基礎部分は未整備のままで、解体および撤去に2億円程度かかるというのだ。
「土地を購入する場合、全てを撤去したさら地を買うか、建物が現有のまま買うのが常識。3億7500万円で購入した挙句、地下の整備にさらに2億円。建物の解体だけなら1億円程度で済み、これは高過ぎる。市長は東京五輪開催に伴う資材の高騰や労働力不足を建設先延ばしの理由にしてきたが…。これでは着工できないわけだ」と声をからげ、独善的に岡本ホテル跡地を購入した齋藤栄市長の施政を批難。熱海フォーラム事業の経緯に疑問を投げかけた。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-9-20

    秋づく熱海、ススキの穂が秋風に揺れる 赤紫の萩の花鮮やか 姫の沢公園

    例年より遅い秋を迎えた熱海市の姫の沢公園で秋の七草の一つ、萩が見頃を迎え、赤紫のかれんな花…
  2. 2021-9-20

    3連休で熱海サンビーチに多くの人 緊急事態宣言の長期化で息抜き

    秋の3連休の中日となった9月19日、熱海の人出は、前週日曜の12日から増えた。緊急事態宣言の長期化…
  3. 2021-9-18

    地元の勝俣孝明衆院議員は「河野太郎氏支持」 自民党総裁選が告示

    自民党総裁選が9月17日告示され、立候補した河野太郎行政改革担当相、岸田文雄前政調会長、高市早苗前…
  4. 2021-9-18

    紅白の彼岸花、オレンジの金木犀が見頃に 熱海梅園は秋景色

    秋の3連休を前に熱海梅園の蛍川のほとりで赤い彼岸花(別名:曼珠沙華=マンジュシャゲ)に続い…
ページ上部へ戻る