多賀海岸に青白く光る波 夜光虫、波間にゆらめく 赤潮から劇的変身

熱海市下多賀の多賀海岸(旧海水浴場)で6月25日夜、夜光虫(やこうちゅう)が波の刺激で発光し、海が青白く光る幻想的な光景が広がった。夜光虫はプランクトンの一種で、海水温の上昇で増殖して海面の色が変わる。
日中は夜光虫を含むプランクトンが赤潮となり、海面を淡紅色に染めていたが、日が沈むと大変身。波や水しぶきなどの刺激を受けて光を放ち、波打ち際にライトブルーの蛍光色の波が次々に訪れた。
この日は沖合の広範囲に赤潮が発生したことから、光のショーを期待して見物に訪れた人も数組。近隣住民の女性は「SNSで夜光虫の写真を見たことがあるが、実際に見るのは初めて。あの赤潮が幻想的な光の波に変わり、不思議発見しました」と感動していた。
南伊豆では、夏シーズンに「海ボタルクルージング」ツアーがあり、走行する観光船の波間に青白く光る夜光虫を観賞するのが人気。熱海にもトロピカルなパイプラインが…。新たな観光資源を発見した。
(熱海ネット新聞・松本洋二)
■動画…AEC8838A-37CB-48DC-8A4D-4A162C5D1A6B



関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-4-18

    「まん延」で首都圏の日帰り客激減 宿泊客がゆったり花火見物

    今年度最初の熱海海上花火大会が4月17日、熱海湾で開催された。前線の影響で小雨が降り続く中…
  2. 2021-4-17

    「初島ところ天祭り」2年連続で中止 首都圏のコロナ感染再拡大で

    熱海市の初島区事業共同組合は、第46回「初島ところ天祭り」の中止を決めた。同組合は例年5月…
  3. 2021-4-16

    色鮮やかなツツジ、今年も晩春パノラマ MOA美術館「水晶殿」

    熱海市のMOA美術館のエスカレーター入口近くの展望台「水晶殿」でツツジが見ごろを迎えた。台…
  4. 2021-4-16

    ツツジ、姫の沢公園の山肌赤く染める 例年より2週間早く見ごろに

    熱海市の姫の沢公園で約6万株の赤やピンクのツツジが見ごろを迎えた。例年より2週間ほど早い。…
ページ上部へ戻る