駐日ウクライナ大使、熱海国際映画祭で舞台あいさつ 大鵬さんゆかりの作品PR

熱海市のホテルサンミ倶楽部で6月28日、第2回熱海国際映画祭コンペティション部門の応募作品の上映が始まった。トップバッターはウクライナの作品「Hutsulka Ksenya(ハルツカ・クセーニャ」」。アメリカの男性がウクライナを訪れて現地の人と交流するミュージカル風の作品。上映前には駐日ウクライナ特命全権大使のイーホル・ハルチェンコ氏が家族とともに駆け付け、来場者に舞台あいさつを行った。
「Hutsulka Ksenyaはウクライナ国民なら誰でも知っている国民的ソング。大相撲の大鵬幸喜さんのお父さんはウクライナ人で、お母さんが日本人。生まれたのが1940年で、今日の映画はその前年の1939年が舞台。第二次世界大戦が勃発し、混乱するウクライナを描いている。今日は大阪で大きな国際会議が開かれているが、私にとっては熱海の映画祭の方が大事。映画祭が開催され、映画を通してウクライナのことを知ってもらえたことに感謝する」と述べ、同作品をアピールした。
ホテルサンミ倶楽部では、30日までコンペティション部門の長編および企画上映映画、新作招待映画が上映される。
(熱海ネット新聞)
lastfinal上映タイムテーブル

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-7-12

    熱海市で2人が新たに新型コロナ感染 成人男性と同居家族の高齢者女性

    静岡県は7月12日、熱海市に住む成人男性と、同居する高齢者女性の2人が新型コロナウイルスに感染した…
  2. 2020-7-11

    御神女の小川寧子さん、伝統の「神女神楽」を披露 来宮神社例大祭で奉納

    来宮神社例大祭で「神女神楽(みこかぐら)」を奉納する小川寧子(おがわ・ねね)さん(第一小1…
  3. 2020-7-10

    来宮神社例大祭 「浦安の舞」公開稽古 コロナ予防で歴代初のデュオ奉納

    熱海市の来宮神社(雨宮盛克宮司)例大祭(7月14-16日)で「浦安の舞」を奉納する舞姫2人が7月1…
  4. 2020-7-10

    東急不動産、熱海港観光のホテル建設計画取り下げ コロナで先行き見通せず

    東急不動産(東京都渋谷区)が熱海港観光施設(現海釣り施設駐車場)の市有地を借り受けて会員制ホテルを…
ページ上部へ戻る