熱海国際映画祭、グランプリにウクライナ作「ハルツカ・クセーニャ」

第2回「熱海国際映画祭」の授賞式 とクロージングパーティが6月30日夜、起雲閣音楽サロンで開かれた。世界から応募した作品の映画監督や俳優らが表彰台に登場し、約50人が映画人の晴れの姿を見守った。
熱海国際映画祭コンペティション部門のグランプリ賞には、最終候補32作品から「ハルツカ・クセーニャ(Hutsulka Ksenya)」(ウクライナ)が輝き、審査委員を務めた女優の桃井かおりさんからアリョナ・デミアネンコ監督に記念の盾(賞金100万円は取りやめ)が贈られた。
同映画は、ウクライナ系2世のアメリカの男性が、父の祖国のウクライナを訪れて現地の人と交流し、ウクライナの魂に触れるミュージカル風の作品。アリョナ監督は「賞を取れると思っていなかったのでうれしい。チームのおかげ、熱海映画祭が開催されて良かった」と受賞の喜びを語った。
市と袂を分かち、映画祭を単独で運営した髪林孝司氏(フォーカス代表取締役)は「今年は予算を1回目の5分の1の400万円に減らした。規模を縮小し、コンパクトにやれば、市に頼らずとも民間だけでやれることがわかった。問題は山積しているが、解決できたら、3回目、4回目を開催することで1回目の信頼を回復したい」と述べた。
入場者数は延べでおよそ550人で、去年(5160人)の約10分の1にとどまった。
最終日の7月1日は午後4時から、市内春日町のカフェバー&ゲストハウス「ennova(エンノバ)」(市内春日町)でグランプリ作を上映する。
(熱海ネット新聞)




関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-8-11

    熱海で今年最高の34・6度  海の涼求め、首都圏からの車列続く

    高気圧に覆われた影響で、8月11日の熱海市は日差しが強まり、網代で午後1時37分に今年の最高気温と…
  2. 2020-8-11

    熱海・伊豆多賀海上花火大会、12日午後8時20分〜長浜海浜公園

    熱海市の多賀観光協会は8月12日、長浜海浜公園で伊豆多賀海上花火大会を開催する。時間は午後8時20…
  3. 2020-8-10

    網代温泉海水浴場 お盆休みの「密」避け、夏楽しむ 隠れた人気スポット

    熱海市にある3つの海水浴場の一つ、網代温泉水浴場でも8月9日、混雑のピークを迎えた。網代温泉が隆盛…
  4. 2020-8-10

    長浜ビーチに若者らが続々、ピーク突入 8月12日にお盆恒例の花火大会

    お盆休みを迎え、熱海市上多賀の長浜海水浴場でも8月9日、首都圏などの若者を中心に混雑が始まった。今…
ページ上部へ戻る