熱海海上花火に1万6千人 桃井かおりさんも観賞、映画祭もきっと化ける

熱海国際映画祭2日目の6月29日、熱海湾で春季海上花火大会の第6弾があり、1万6000人が繰り出した。同映画祭で審査員を務めた女優の桃井かおりさんも観賞し、熱海の迫力ある花火を体感するとともに熱海観光の目的が「花火の次に熱海国際映画祭になってくれればうれしい」と期待を寄せた。
デジタルシネマ時代を迎え、映画祭は国内だけで100を超えるが、まちの映画祭と違って熱海は国際映画祭。「10回続ければ老舗になり、国内外の若いクリエイターや監督が熱海国際映画祭で賞を獲ろうと躍起に…。続けていけば化ける可能性がある。だから私もボランティアで応援に来ている」と話した。
例年、梅雨入りの6月末は閑散期だが、JR熱海駅へ続く通路は東京、神奈川などから花火見物に訪れた若い日帰り客で混雑。映画祭を楽しんで夜は花火。相乗効果を期待する声は、桃井さんだけではない。
(熱海ネット新聞)
■観衆 1万6000人
■主催 熱海市ホテル旅館協同組合連合会
■2019年(令和元年)熱海会場花火大会
春 3/31(日)・4/20(土)・5/11(土)・5/26(日)・6/16(日)・6/29(土)
夏 7/26(金)・7/30(火)・8/5(月)・8/8(木)・8/18(日)・8/23(金)・8/30(金)
秋 9/16(月・祝)
冬 12/8(日)・12/15(日)




関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-4-18

    「まん延」で首都圏の日帰り客激減 宿泊客がゆったり花火見物

    今年度最初の熱海海上花火大会が4月17日、熱海湾で開催された。前線の影響で小雨が降り続く中…
  2. 2021-4-17

    「初島ところ天祭り」2年連続で中止 首都圏のコロナ感染再拡大で

    熱海市の初島区事業共同組合は、第46回「初島ところ天祭り」の中止を決めた。同組合は例年5月…
  3. 2021-4-16

    色鮮やかなツツジ、今年も晩春パノラマ MOA美術館「水晶殿」

    熱海市のMOA美術館のエスカレーター入口近くの展望台「水晶殿」でツツジが見ごろを迎えた。台…
  4. 2021-4-16

    ツツジ、姫の沢公園の山肌赤く染める 例年より2週間早く見ごろに

    熱海市の姫の沢公園で約6万株の赤やピンクのツツジが見ごろを迎えた。例年より2週間ほど早い。…
ページ上部へ戻る