浦安の舞、舞姫4人が公開稽古 来宮神社例大祭へ仕上がりは上々

来宮神社(雨宮盛克宮司)の例大祭(7月14-16日)で伝統の「浦安の舞」を奉納する4人の舞姫が7月8日夜、神社本殿で公開稽古を行った。笙(しょう)、篳篥(ひちりき)、神楽笛、笏拍子(しゃくびょうし)、太鼓、琴の演奏に合わせて本番さながらに舞い、順調な仕上がりを披露した。
令和最初の舞い姫は、熱海中2年の飯山陽南乃(いいやま・ひなの、田原本町)さん、同1年の鈴木彩華(すずき・あやか、福道町)さん、徳用千羽哉(とくよう・ちはや、西山町)さん、渡邉葉音(わたなべ・はのん、咲見町)さん。4人は責任当番町の咲見町を中心に選ばれた少女たちで、巫女長の湯田実咲さんが指導にあたり、6月2日から連日稽古を続けてきた。13日には十二単に身を包んで通し稽古を行い、本番に備える。
7月15日の例大祭神事、16日の神幸祭、御神幸行列などで「浦安の舞」を奉納する。
(熱海ネット新聞)
■浦安の舞 昭和15年(1940)の皇紀2600年奉祝会に際し、当時宮内省楽部楽長だった多忠朝(おおのただとも)によって新作された神楽舞。4人舞で前半が扇舞、後半が鈴舞。「うら」は心を指す古語。「うらやす」で心中の平穏を表す語とされ、平和を祈る。






関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新イベント情報

渡辺耳鼻咽喉科
万葉の湯・万葉倶楽部
熱海温泉 ホテル・サンミ倶楽部
ニューウェルシティ湯河原
熱海温泉 昭和倶楽部
伊豆長岡温泉 ニュー八景園
箱根湯本温泉 天成園

ピックアップ記事

  1. 2019-11-20

    改装3周年記念「仁清 金と銀」展、20日間で入場2万人達成 MOA美術館

    熱海市のMOA美術館で開催中のリニューアル3周年記念特別展「仁清 金と銀」が11月20日午…
  2. 2019-11-20

    【お悔やみ】根岸みや子さん(熱海市中央町)11月17日死去

    根岸みや子さん(ねぎし・みやこ)11月17日死去、99歳。熱海市中央町。元熱海芸妓。通夜21日午後…
  3. 2019-11-19

    熱海で暴れるゴジラ、ウルトラマンを見よう 11月22日〜熱海怪獣映画祭

    IMG_0154ダウンロード 怪獣が熱海を舞台に大暴れするゴジラや大活躍のウルトラマンなどの…
  4. 2019-11-18

    地平線に沈む夕陽を観賞 十国峠ケーブルカー、冬季限定のトワイライト運行

    熱海市と函南町に位置する十国峠ケーブルカー(伊豆箱根鉄道)は11月23日から営業時間を延長して「ト…
ページ上部へ戻る