浦安の舞、舞姫4人が公開稽古 来宮神社例大祭へ仕上がりは上々

来宮神社(雨宮盛克宮司)の例大祭(7月14-16日)で伝統の「浦安の舞」を奉納する4人の舞姫が7月8日夜、神社本殿で公開稽古を行った。笙(しょう)、篳篥(ひちりき)、神楽笛、笏拍子(しゃくびょうし)、太鼓、琴の演奏に合わせて本番さながらに舞い、順調な仕上がりを披露した。
令和最初の舞い姫は、熱海中2年の飯山陽南乃(いいやま・ひなの、田原本町)さん、同1年の鈴木彩華(すずき・あやか、福道町)さん、徳用千羽哉(とくよう・ちはや、西山町)さん、渡邉葉音(わたなべ・はのん、咲見町)さん。4人は責任当番町の咲見町を中心に選ばれた少女たちで、巫女長の湯田実咲さんが指導にあたり、6月2日から連日稽古を続けてきた。13日には十二単に身を包んで通し稽古を行い、本番に備える。
7月15日の例大祭神事、16日の神幸祭、御神幸行列などで「浦安の舞」を奉納する。
(熱海ネット新聞)
■浦安の舞 昭和15年(1940)の皇紀2600年奉祝会に際し、当時宮内省楽部楽長だった多忠朝(おおのただとも)によって新作された神楽舞。4人舞で前半が扇舞、後半が鈴舞。「うら」は心を指す古語。「うらやす」で心中の平穏を表す語とされ、平和を祈る。






関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-1-26

    熱海市、中小事業者に2度目の給付金10万円 1月か12月の売上半減が条件

    熱海市は、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言などの影響で売り上げが大幅に減少した中小事…
  2. 2021-1-25

    熱海市で高齢でない成人がコロナ感染 感染経路は県内陽性者との接触/1月25日

    静岡県は1月25日、熱海市に住む高齢でない成人(熱海市87例目、県4256例目)の新型コロナウイル…
  3. 2021-1-24

    熱海富士、序ノ口で優勝 千秋楽の優勝決定戦で連勝 将来の横綱に第一歩

    大相撲初場所は1月24日、東京・両国国技館で千秋楽の取組が行われ、ともえ戦で行われた序ノ口の優勝決…
  4. 2021-1-23

    梅咲けど、熱海梅園の来園者83%減 コロナの影響深刻 市内経済に打撃

    新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言の影響で熱海梅園で開催中の「梅まつり」の来園者…
ページ上部へ戻る