齋藤栄市長が資産公開 2018年の年間給与1076万円 預金404万円

熱海市の齊藤栄市長は資産等公開条例に基づき、去年(2018年)末時点の資産と去年の所得を公開した。資産は預金404万2142円。土地、建物、有価証券、自動車、ゴルフ会員権は所有しておらず、貸付金、借入金もない。所得は給与がおよそ1076万円。会社、その他法人の役員、顧問には就いておらず、報酬は得ていない。前年比で預金は32円、給与は45万円増えた。
この報告書は秘書課広報室(第1庁舎4階)で閲覧できる。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-12-4

    元サッカー日本代表・中田英寿氏、熱海でトークショー 「工藝と食」熱弁

    熱海市のMOA美術館は12月4日、サッカー元日本代表MF・中田英寿氏、人気パティシエ・鎧塚…
  2. 2020-12-4

    金森和道さん、熱海市清水町にコロナ対策専門店 市民の感染対策に一助

    新型コロナウイルスの感染症拡大防止に役立ててほしいと、熱海市清水町に新規オープンした「あん…
  3. 2020-12-3

    熱海市で新たに70歳男性がコロナ感染 12月に入り3日連続

    静岡県は12月3日、熱海市で新たに70歳代男性の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。これで…
  4. 2020-12-3

    12月9、10日に市議会「一般質問」 コロナ禍の諸問題で論戦 質問全掲

    熱海市議会11月定例会は12月9、10日に一般質問を行う。竹部隆議長・橋本一実副議長と田中秀宝氏を…
ページ上部へ戻る