下多賀神社で天王祭 伝統の鹿島踊り奉納 、無病息災祈る

熱海市の下多賀神社で7月13日夕、天王祭が斎行された。本殿での神事では、雨宮盛克宮司が祝詞を奏上し、渡辺幹夫総代長をはじめ、氏子、町内会の人たちが参列。無病息災と氏子町内の繁栄を祈願した。続いて境内で市指定無形文化財の鹿島踊りが奉納され、白装束に身を包んだ下多賀神社鹿島踊り保存会の会員たちが勇壮な踊りを奉納。地元住民らが伝統行事に見入った。

疾病よけの夏祭りとして知られる天王祭は「牛頭天王(ごずてんのう)」を祭神とした厄病神祓いの祭りで、全国各地で「陰暦6月15日」を中心に行われる。京都・八坂神社の祗園祭りもその一つ。869年(貞観11年)、全国に流行した疫病を鎮めるために行われた「祗園御礼会」が始まりと伝えられる。下多賀では、和田木神社でも毎年、この時期に行われる。

(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-6-3

    【動画】イベント自粛中の熱海梅園でゲンジボタル、ひっそりと幻想的な光のショー 

    例年なら6月上旬は初夏の風物詩「熱海梅園初川清流ほたる鑑賞の夕べ」の真っ只中。多くの観光客や市民が…
  2. 2020-6-3

    特別定額給付金10万円 郵送申請分の振込み開始、初日は495世帯 熱海市

    国が国民1人当たり現金10万円を配る「特別定額給付金」の郵送申請者への給付が6月2日、熱海市でも始…
  3. 2020-6-3

    熱海市街、鮮やかな赤や赤紫に染まる ブーゲンビリアが一斉に満開

    熱海市ではブーゲンビリアが満開を迎え、鮮やかな赤や赤紫(マゼンタ)の花が初夏の街並みを南国ムードに…
  4. 2020-6-3

    熱海市の高齢化率(65歳以上人口)47・8%、静岡県の市で抜けてトップ

    静岡県は、2020年4月1日現在の総人口に対する65歳以上(高齢化率)と75歳以上(後期高齢率)を…
ページ上部へ戻る