厳かに令和最初の来宮神社例大祭開幕…神々をお出迎え 宵宮祭で成功を祈願

令和最初の来宮神社例大祭が7月14日午後5時からの宵宮(よいみや)祭で幕を開けた。「宵宮祭」は本祭の前夜に行われ、神霊が本祭のため本社に帰る還御祭にあたり、本祭と観光祭(こがし祭り)が無事奉仕できるよう祈念する祭事。本殿前で同神社の神々をお出迎えした後、本殿に入り、7人の神職がこがし祭りの由来にならって御神前に麦こがし、お神酒、百合根、ところ(山いも)、橙、鯛、大根、餅、果物などを奉仕。巫女が神楽を舞って神々をもてなした。

神事では、雨宮盛克宮司が祝詞を奏上したあと、若林正、犬養啓介、三宅範之、鈴木秀旺責任役員、岸秀明祭典委員長、高田俊彦常任副委員長、山田康夫宮神輿保存会会長、本多勇治神女神楽保存会会長、米倉久高御獅子保存会会長、戸塚雄史郎「来宮結葉桃一會(きのみやむすびばとういつかい)」会長らが玉ぐしを捧げ、例大祭の成功を祈念した。

15日は宮神輿渡御があり、午前9時に宮出して熱海市街を渡御、午後3時に宮入りする。例大祭神事は午前11時から斎行され、鹿島踊り、神女神楽、浦安の舞を奉納する。

16日は来宮神社の御祭神を御鳳輦(ごほうれん)に乗せて街に降り、熱海の繁栄を祈る神事「神幸祭(じんこうさい)」。宮司、神官、神社役員、厄年奉賛会など総勢500人が巡行する「御神幸行列」があり、午前9時50分に来宮神社を出発。午後3時40分に宮入り。御鳳輦の浜降り神事は、同日正午過ぎに熱海サンビーチで行われる。

両日とも夜はこがし祭り・山車コンクールが開かれる。

(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-2-25

    3月7日の熱海海上花火大会、3月30日に延期 21日、27日は開催の方針

    熱海市ホテル旅館協同組合連合会は2月25日、3月に予定していた計3回の熱海海上花火大会のうち、3月…
  2. 2021-2-25

    熱海の宿泊客数110万人減 コロナの影響で過去最低の200万人割れ

    新型コロナウイルスの影響で熱海市の去年(2020年)1年間の宿泊客数が前年(311万9千人)より…
  3. 2021-2-25

    橋田壽賀子さんの名誉熱海市民 市議会、全会一致で同意  24年ぶり3人目

    熱海市議会2月定例会が2月24日開会し、脚本家で文化勲章受章者の橋田壽賀子さん(95)を名誉市民と…
  4. 2021-2-25

    【お悔やみ】久松久子さん(熱海市中央町)2月23日死去

    久松久子さん(ひさまつ・ひさこ)2月26日死去、70歳。熱海市中央町18の6。通夜26日午後6時。…
ページ上部へ戻る