御神幸行列、熱海市街を崇高に 御鳳輦が巡行/来宮神社例大祭

来宮神社例大祭は7月16日、神幸祭のあと、来宮の神々を御鳳輦に乗せて街に降りて氏子の地域を回る、例大祭最大の行事「御神幸行列」を行った。細かい雨が降り続く中、厄年奉賛会「来宮結葉桃一會(きのみやむすびばとういつかい)」の会員が担ぐ御鳳輦は同神社から宮坂を下り、湯前神社、咲見町、熱海駅、汐見町を経て午後0時40分過ぎに熱海サンビーチへ至り、同會の会員が「浜降り神事」を挙行した。

行列の中の天狗(猿田彦)は天尊降臨の際案内した神様で、御鳳輦に鎮座する来宮大神の案内役を担う。巡行中は御祭神と御縁の深い「麦こがし」を撒きながら道中をリード。この「麦こがし」に触れると無病息災・身体健康になると伝えられることから、多くの市民や観光客が天狗のもとへかけ寄った。各氏子町内では会員たちが「みょうねん(妙念)、みょうねん」と声を上げながら「麦こがし」が入った袋を振る舞い、無病息災と熱海市の繁栄を願った。

御神地の渚小公園での鹿島踊り、神女神楽、浦安の舞の奉納は雨でとりやめ、清水町通り、旭町観光通り、銀座町、市役所、福道町を経て午後4時過ぎに同神社に戻り、還幸祭でつつがなく例大祭を終えた。戸塚雄史郎をはじめ、会員の地元町内ではそれぞれが万歳を三唱。会員や町内会の人たちから祝福を受けた。

例大祭の締めくくりとなる還幸祭では、雨も上がり、戸塚会長が御神幸行列の成功を祝って三本締めを行い、呼び物の御鳳輦の境内引き回しが行われた。会員たちは氏子町内をくまなく巡行してくたくたになりながらも、気力を振り絞り、10回以上ぐるぐる回り、完全燃焼した。

一連の奉仕をやり遂げた同会長は運行を託した田村竜二進行部長の労を労ったあと、今年度の伊豆山神社、今宮神社の会員たち、次年度会員、女子部員、祭典委員、神社関係者に感謝の言葉を述べ、感極まって目を潤ませた。来宮結葉桃一會の会員が同会長を胴上げして達成感を享受した。

本殿で斎行された神事では、神女神楽と浦安の舞が、境内では鹿島踊りが奉納され、令和最初の来宮神社例大祭はつつがなく全日程が終了。今年度の責任当番町を務めた咲見町(北部地区)の岸秀明祭典委員長と水谷幸伸同副委員長から来年度の責任当番町・浜町(東部地区)の山田文敏、狩野精両氏へ引き継ぎ式も行われ、例大祭関連の書類一式が入った箱が手渡された。

(熱海ネット新聞)

(熱海ネット新聞・松本洋二)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2019-8-19

    残り少ない夏満喫 熱海海上花火大会に今年最高の3万9千人 市の人口上回る

    夏季熱海海上花火大会の第5弾が8月18日、熱海湾であり、市の総人口を上回る3万9千人(主催…
  2. 2019-8-18

    今宮元祷會が本格始動 10月の今宮神社例大祭に向け御神幸ルートを下見

    今宮神社の例大祭(10月19日、20日)が2カ月後に近づき、令和元年度の御鳳輦奉仕を行う厄年奉賛会…
  3. 2019-8-18

    浴衣姿で熱海の魅力発信 初島航路の定期船でファッションショー

    熱海市街を着物姿で散策し、熱海の魅力アップに務める「あたみ着物姿普及委員会」(永田雅之代表)は8月…
  4. 2019-8-17

    去りゆく夏、大輪が網代温泉の夜空焦がす 南熱海夏イベントの掉尾飾る

    熱海市の網代湾で8月16日午後8時20分から、網代温泉海上花火大会(同温泉観光協会…
ページ上部へ戻る