資源循環の促進、トイレットペーパー寄贈加速 雑がみ回収プロジェクト

地球温暖化防止や資源の再利用を目的に雑がみ回収に取り組む熱海市の「雑紙回収プロジェクト」(石渡久照代表)は7月23日、雑がみから作られたトイレットペーパー500個を市内の5福祉施設に寄贈した。このうち、障害者生活介護事業所「陽光の園」では、齋藤栄市長、石渡代表らが訪れ、トイレットペーパー100個を寄贈した。

同プロジェクトは市民有志、熱海女性連絡会(瀧野慶子会長)、市が協働で2015年5月に発足。市役所、市総合福祉センター、南熱海マリンホールに専用の回収箱を置き、新聞紙、雑誌、牛乳パック、ダンボールなどを回収。毎年、これらの雑がみをトイレットペーパーに再生し、福祉施設などに寄贈している。

今年6月までの雑がみの回収量は17トン。今回の寄贈分で得られたトイレットペーパーは寄贈分も含めて計3000個となった。

熱海市で処理される可燃ごみのうち、紙・布類が45・5パーセント。市や各団体などが集団回収を実施しているが、まだ多量の紙類が焼却処分されていることから、同プロジェクトでは、環境保全に雑がみ回収への協力を呼びかけている。(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-7-11

    御神女の小川寧子さん、伝統の「神女神楽」を披露 来宮神社例大祭で奉納

    来宮神社例大祭で「神女神楽(みこかぐら)」を奉納する小川寧子(おがわ・ねね)さん(第一小1年)が7…
  2. 2020-7-10

    来宮神社例大祭 「浦安の舞」公開稽古 コロナ感染防止で歴代初のデュオ

    熱海市の来宮神社(雨宮盛克宮司)例大祭(7月14-16日)で「浦安の舞」を奉納する舞姫2人が7月1…
  3. 2020-7-10

    東急不動産、熱海港観光のホテル建設計画取り下げ コロナで先行き見通せず

    東急不動産(東京都渋谷区)が熱海港観光施設(現海釣り施設駐車場)の市有地を借り受けて会員制ホテルを…
  4. 2020-7-8

    休業要請外の売上減事業者 一律10万円給付 申請受付7月17日まで

    新型コロナウイルスのために収入が減った事業者のうち、休業協力金の対象から外れた事業者に熱海市が独自…
ページ上部へ戻る