多賀神社例大祭 、盛大に御神幸行列 熱海市の夏祭り締めくくる

熱海市上多賀の多賀神社の例大祭・本祭が7月29日、挙行された。社殿での神事では雨宮盛克来宮神社宮司が祝詞を奏上。倉田晃平総代長をじめ、氏子や町内、農部会代表が参列し、五穀豊穣や家内安全などを祈った。

令和元年度の表彰では、同神社の修繕に多大な浄財を寄進した功績が称えられ、観光関連会社株式会社TTC(本社熱海市上多賀)河越康行代表取締役に神社本庁・池田厚子総裁からの感謝状が伝達され、雨宮宮司が贈呈した。続いて井沢一賴総代長に同宮司から感謝状が贈られた。

御神幸行列は道先案内役の金棒を先頭に鉾(ほこ)や獅子に先導されて神社を出発。黒帽子に白丁に身を包んだ42歳の厄年を迎えた男衆14人が担ぐ御鳳輦(ごほうれん)が各地区を巡行し、宮神輿が威勢よく練り、祭りを盛り上げた。

戸又港近くの135号線沿いのお旅所でも神事に続いて鹿島踊りを奉納。戸又港では呼び物の御鳳輦の浜降りを行い、青塊会が続いた。2つの神輿が交互に数回ずつ海に入り、合同で勇壮な”海の練り”を披露。多くの地元住人らが見守った。

御神幸行列は神社に到着後、還幸祭の神事を行い、鹿島踊りを奉納した。

夜を迎えても祭りは続き、多賀神社本神輿保存会「輝神会」(せいれいかい)の神輿が勇壮な練りを披露。子供たちを乗せた上多賀青年団と若海会の山車が繰り出し、クライマックスを迎えた。7月13日の津島神社天王祭で幕を開けた熱海の夏祭りはこれで終了。威勢のいい掛け声と祭り囃子の音が夜遅くまで続いた。

(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-2-26

    熱海市で新たに1人がコロナ感染 高齢でない成人 県内陽性者との接触で 

    静岡県は2月26日、熱海市に住む高齢でない成人1人の新型コロナウイルス感染を確認した、と発表した。…
  2. 2021-2-26

    【お悔やみ】有賀輝夫さん(熱海市上多賀)2月24日死去

    有賀輝夫さん(ありが・てるお)2月24日死去、90歳。熱海市上多賀26。出棺3月2日午前11時、J…
  3. 2021-2-25

    市長も愕然 昨年の熱海市の宿泊客数、40%減の185万人 過去最低を記録

    熱海市は2月25日、昨年(2020年)の年間宿泊客数が185万6884人だったと発表した。前年比で…
  4. 2021-2-25

    3月7日の熱海海上花火大会、3月30日に延期 21日、27日は開催の方針

    熱海市ホテル旅館協同組合連合会は2月25日、3月に予定していた計3回の熱海海上花火大会のうち、3月…
ページ上部へ戻る