伊豆山温泉の夏の風物詩 納涼海上花火大会 金と銀のナイアガラに歓声

「第69回伊豆山温泉納涼海上花火大会」(同温泉観光協会主催)が8月3日夜、熱海市の伊豆山港であり、5000発の花火が夜空を彩った。4ステージで構成され、スターマインや国内外の創作花火などが30分間にわたって打ち上げられた。伊豆山港の花火は立地的に熱海湾よりコンパクトな花火が多いが、打ち上げ場所が近い分だけ迫力がある。臨場感抜群で人気が高い。
伊豆山温泉では、どこの宿泊施設からも花火を観ることができ、フィナーレの「金と銀の空中ナイアガラ(縁結び花火)」が夜空を照らすとそれぞれのホテルの特設観客席や客室などから歓声が上がった。
同温泉では8月25日から27日の「伊豆山温泉さざえ祭り」でも3日連続で海上花火大会を開催する。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-6-3

    【動画】イベント自粛中の熱海梅園でゲンジボタル、ひっそりと幻想的な光のショー 

    例年なら6月上旬は初夏の風物詩「熱海梅園初川清流ほたる鑑賞の夕べ」の真っ只中。多くの観光客や市民が…
  2. 2020-6-3

    特別定額給付金10万円 郵送申請分の振込み開始、初日は495世帯 熱海市

    国が国民1人当たり現金10万円を配る「特別定額給付金」の郵送申請者への給付が6月2日、熱海市でも始…
  3. 2020-6-3

    熱海市街、鮮やかな赤や赤紫に染まる ブーゲンビリアが一斉に満開

    熱海市ではブーゲンビリアが満開を迎え、鮮やかな赤や赤紫(マゼンタ)の花が初夏の街並みを南国ムードに…
  4. 2020-6-3

    熱海市の高齢化率(65歳以上人口)47・8%、静岡県の市で抜けてトップ

    静岡県は、2020年4月1日現在の総人口に対する65歳以上(高齢化率)と75歳以上(後期高齢率)を…
ページ上部へ戻る