初島・熱海団体競泳 伊東高が3連覇 終盤で八王子、静岡商突き放す

「第72回初島・熱海間団体競泳大会」(熱海市主催、同市体育協会主管)が8月4日、熱海湾で開かれ、県内外から出場した30チーム・90人が、初島港から12キロ離れた熱海サンビーチのゴールを目指して力泳した。気温32度、海水温26度。序盤からデッドヒートが続き、静岡商業高校、八王子水泳愛好会(東京・社会人)を追う展開となった伊東高校水泳部が、終盤でスパートをかけ、奪首に成功。熱海サンビーチに入っても接戦が続いたが、最後は八王子を1分4秒差引き離し、2時間9分5秒で3年連続9回目の優勝を果たした。

競技大会終了後、渚親水公園ムーンテラスで表彰式が行われ、齊藤栄市長が文部科学大臣杯、優勝旗、県知事杯、熱海市長杯を優勝した「伊東高校水泳部」(高栖彗、杉本碧波、清水堅介)に授与した。

■伊東高校水泳部・ 高栖彗(3年、伊東・門野中出身)「最初は負けていて優勝は難しいと思ったが、最後は高校生の若さを生かして粘り切れた。3連覇できて良かった」
■ 杉本碧波(1年、多賀中出身)「途中波のうねりで自分の泳ぎができず、苦しい時間帯もあったが、最後は楽しく泳げた。伊東高校の伝統を守れて良かった」
■ 清水堅介(同)「二人の足を引っ張れずに泳ぐことができた。来年、再来年の優勝につなげたい」

敢闘賞には、唯一の小学生チームながら26位に健闘した熱海市の「シャトーSCジュニア」(赤山永和、井戸俊吾=ともに第二小6年、川口将輝=多賀小6年)と東京から親子で参戦して24位に入った「中島船」(中島丈幾、優子、京愛)が選ばれた。

2位八王子水泳愛好会、3位静岡商高、4位宇佐美スイミングクラブ(伊東市)、5位海王(東京・社会人)、6位高校葉山(神奈川)の上位6チームが来年大会のシード権を獲得した。(熱海ネット新聞)

■初島・熱海間団体競泳大会 熱海市の初島港から熱海サンビーチまでの海上約12キロを3人1組のチーム対抗でタイムを競う。制限時間4時間。大正15年(1926)8月4日に始まり、復活後の第1回大会が昭和23年(1948年)。日本最大の団体競泳大会で今年が72回目。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-11-28

    熱海湾に水中から花火がにょっきり コロナ経済対策の小規模花火大会スタート

    熱海湾で11月27日夜、観光庁の魅力的な誘客コンテンツの補助事業採択を受けた小規模な花火大…
  2. 2020-11-27

    齋藤市長と竹部議長 温泉所在都市を代表して財政支援の要望書提出

    新型コロナウイルス感染症の感染拡大により、温泉観光地の経済活動に深刻な影響が出ていることを受け、熱…
  3. 2020-11-27

    MOA美術館で「熱海座 第九コンサート」 大晦日に市民100人を無料紹介

    熱海市のMOA美術館は、12月31日に「熱海座 第九コンサート2020」を同美術館能楽堂で開く。ベ…
  4. 2020-11-26

    コロナ対策の「緩み」を警戒 熱海飲食3団体、カラオケ感染防止を強化

    11月に入り、全国でカラオケや接待を伴う飲食店で新型コロナウイルスのクラスター(感染者集団)が多発…
ページ上部へ戻る