熱海市の小学生チーム「シャトーSCジュニア」に敢闘賞 12キロを3時間1分

令和最初の「初島・熱海間団体競泳大会」を盛り上げたのが、熱海市の小学生チーム「シャトーSCジュニア」の3選手。第二小の井戸俊吾君(6年)、赤山永和君(同)、多賀小の川口将輝君(同)の混成チーム。初めての海の12キロ遠泳とあって、4時間の制限時間内ゴールが目標だったが、3時間01分19秒の30チーム26位で完泳した。
高校生や大学生、社会人のチームを相手に健闘したことが評価され、杉山恭平熱海JC理事長、山田高史直前理事長から「敢闘賞」が贈られた。
熱海市は、小中学校のプール整備が十分でなく、水泳部もないの実情。有望選手が近隣市のスポーツクラブに流出していることから、同クラブでは第二小の学校プールで小学生スイマーの育成に努めている。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-2-26

    新型コロナ 静岡県内の検査、24日までに75件 全員が「陰性」

    川勝平太静岡知事は2月25日、国内外で感染者が増えている新型コロナウイルスによる新型肺炎について、…
  2. 2020-2-26

    28日の逍遥忌記念祭の式典中止 “新型コロナ”に配慮 海蔵寺墓参は実施

    熱海市は2月26日、28日に起雲閣で予定していた「逍遥忌記念祭」の式典を中止すると発表した。新型コ…
  3. 2020-2-26

    渚親水公園の大寒桜が満開 熱海市街、梅から桜に主役が再交代

    季節の変わり目に差し掛かり、三寒四温の影響で熱海市街の大寒桜(おおかんざくら)が一斉に満開…
  4. 2020-2-26

    2月定例会で市長が施政方針 熱海フォーラム規模縮小 図書館抜きで整備

    熱海市議会2月定例会が2月25日、開会した。齋藤栄市長は施政方針演説で、新年度を「熱海2030年ビ…
ページ上部へ戻る