熱海市の小学生チーム「シャトーSCジュニア」に敢闘賞 12キロを3時間1分

令和最初の「初島・熱海間団体競泳大会」を盛り上げたのが、熱海市の小学生チーム「シャトーSCジュニア」の3選手。第二小の井戸俊吾君(6年)、赤山永和君(同)、多賀小の川口将輝君(同)の混成チーム。初めての海の12キロ遠泳とあって、4時間の制限時間内ゴールが目標だったが、3時間01分19秒の30チーム26位で完泳した。
高校生や大学生、社会人のチームを相手に健闘したことが評価され、杉山恭平熱海JC理事長、山田高史直前理事長から「敢闘賞」が贈られた。
熱海市は、小中学校のプール整備が十分でなく、水泳部もないの実情。有望選手が近隣市のスポーツクラブに流出していることから、同クラブでは第二小の学校プールで小学生スイマーの育成に努めている。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-11-28

    熱海市の高齢でない男性がコロナ感染 伊東市のクラスター飛び火を警戒 

    静岡県は11月28日、熱海市に住む高齢でない成人男性(20~64歳)の新型コロナウイルス感染を確認…
  2. 2020-11-28

    熱海湾に水中から花火がにょっきり コロナ経済対策の小規模花火大会スタート

    熱海湾で11月27日夜、観光庁の魅力的な誘客コンテンツの補助事業採択を受けた小規模な花火大…
  3. 2020-11-27

    齋藤市長と竹部議長 温泉所在都市を代表して財政支援の要望書提出

    新型コロナウイルス感染症の感染拡大により、温泉観光地の経済活動に深刻な影響が出ていることを受け、熱…
  4. 2020-11-27

    MOA美術館で「熱海座 第九コンサート」 大晦日に市民100人を無料紹介

    熱海市のMOA美術館は、12月31日に「熱海座 第九コンサート2020」を同美術館能楽堂で開く。ベ…
ページ上部へ戻る