熱海高校生3人、「モリボー」で職場体験実習 首都圏より地元企業就職

熱海市紅葉ガ丘町の総合専門改修工事会社「モリボー」はこのほど、同社への就職を希望する県立熱海高校の3年生3人を招き、職場体験実習を開いた。参加したのは加来立樹君、新宮海太君、菊池誠君。
3人は午前に同社が大規模修繕工事を手がけたマンハイム、第二小、第二ビル等の現場を見学。午後は工事前、工事後の写真整理や図面からのデータを拾い出す作業、ペンキを使った塗装業務を体験した。
塗装防水は、熟練工が活躍する一方で、次世代を担う若手作業員・若手現場監督が年々減少している。森厚太常務は「こういう仕事をするんだな、と実際に現場監督になってもらったイメージで業務を体験して頂いた。熱海市の人口減少の原因の一つが若い世代の首都圏などへの人口流失。若い人たちに地元の企業に携わりたいと思っていただけるような様々な活動を続けていきたい」と話した。
(熱海ネット新聞)

写真=8月1日撮影

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-2-26

    新型コロナ 静岡県内の検査、24日までに75件 全員が「陰性」

    川勝平太静岡知事は2月25日、国内外で感染者が増えている新型コロナウイルスによる新型肺炎について、…
  2. 2020-2-26

    28日の逍遥忌記念祭の式典中止 “新型コロナ”に配慮 海蔵寺墓参は実施

    熱海市は2月26日、28日に起雲閣で予定していた「逍遥忌記念祭」の式典を中止すると発表した。新型コ…
  3. 2020-2-26

    渚親水公園の大寒桜が満開 熱海市街、梅から桜に主役が再交代

    季節の変わり目に差し掛かり、三寒四温の影響で熱海市街の大寒桜(おおかんざくら)が一斉に満開…
  4. 2020-2-26

    2月定例会で市長が施政方針 熱海フォーラム規模縮小 図書館抜きで整備

    熱海市議会2月定例会が2月25日、開会した。齋藤栄市長は施政方針演説で、新年度を「熱海2030年ビ…
ページ上部へ戻る