熱海市と箱根町が関係強化 緊急時の一般廃棄物処理、相互援助協定締結

熱海市は神奈川県箱根町と地震などの災害や事故でごみ処理に支障が生じた場合、相互に一般廃棄物を受け入れる緊急時相互援助協定を結んだ。 8月5日、熱海市役所で締結式が行われ、齋藤栄市長と山口昇士箱根町長が協定書を取り交わした。
両市町は、ごみ処理施設が約20キロと近く、ともに観光地でごみの内容が似通っていることから、相互援助が有益と判断した。
熱海市は、三島市および湯河原町真鶴町衛生組合(神奈川県)と一般廃棄物の総合援助協定を締結しているが、緊急時は箱根町が加わり、災害時の備えを拡充した。協定により、通常の処理ルートが被災した際、災害廃棄物や避難所ごみ等を迅速に処理することが可能となった。
熱海市は箱根町、湯河原町との広域行政推進協議会で連携し、観光防災面で共同事業を展開している。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-7-7

    8月の熱海海上花火大会、各回とも生中継 日帰り客は自宅で観賞を

    熱海市は、新型コロナウイルス感染防止策として、8月5日から再開する夏季熱海海上花火大会(熱海湾)を…
  2. 2020-7-7

    新社長に富岡篤美氏 エフエム熱海湯河原 多賀・網代の難聴地区解消へ

    熱海市の「エフエム熱海湯河原」はこのほど、定時株主総会・取締役会を開き、役員改選で市内下多賀の旅館…
  3. 2020-7-5

    小池知事「都民は他県への移動遠慮を」静岡県「見えない感染者」警戒

    東京都で新型コロナウイルスの感染者が3日連続で100人を超えたのを受け、小池百合子知事は7月4日、…
  4. 2020-7-3

    令和樹神會、熱海中学校を訪問「モォー」塩見校長も豪快に「麦こがし」 

    来宮神社の例大祭で本年度御鳳輦(ごほうれん)奉仕を行う厄年奉賛会「令和樹神會」(れいわこだまかい)…
ページ上部へ戻る