熱海市、単身高齢者の終活支援 葬儀・埋葬、葬儀社と生前に段取り契約

熱海市は8月から、単身高齢者が自身の葬儀・埋葬を生前に契約する「終活支援事業あんしん」を開始した。市の高齢化率は47%で県内の市で最も高く、市民の終末期に対する不安を緩和し、安心して老後を暮らせるようにするのが狙い。
対象は65歳以上で単身で暮らす市民約6300人。希望する人は、市長寿支援室に相談した上で、市内外の協力葬儀社の中から希望に沿う会社を選び、契約を結ぶシステム。費用は事前払い。市は利用者、葬儀社と契約に関する情報を共有し、登録カードを交付。利用者が死去した際は市が葬儀社に連絡し、契約通りに葬儀と埋葬が実施されるよう支援する。静岡県内では初めての取り組みという。
(熱海ネット新聞)
■問い合わせ 熱海市長寿介護課 長寿支援室 0557ー86ー6264

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-1-18

    人気ユーチューバー佐藤ひとみさん、熱海市に30万円寄付 愛のサークルリンク

    コロナ禍などによる生活困窮者の食糧支援に取り組む一般財団法人愛のサークルリンク(佐藤ひとみ代表)は…
  2. 2021-1-18

    熱海市で高齢者男性1人がコロナ感染 感染経路は県外陽性者との濃厚接触

    静岡県は1月18日、熱海市に住む高齢の男性(熱海市83例目、県3876例目)の新型コロナウイルス感…
  3. 2021-1-18

    来宮神社、コロナ感染拡大で節分豆まき中止 神事と福引抽選会のみ実施

    熱海市の来宮神社は、2月2日に予定していた「節分祭・豆まき」の中止を決めた。例年、節分の日に合わせ…
  4. 2021-1-18

    和田木など南熱海4地区で「どんどん焼き」 燃える炎にコロナ終息祈る

    新春の風物詩「どんどん焼き」が1月17日午前、南熱海の4地区で開催された。もっとも歴史のあ…
ページ上部へ戻る