熱海市、単身高齢者の終活支援 葬儀・埋葬、葬儀社と生前に段取り契約

熱海市は8月から、単身高齢者が自身の葬儀・埋葬を生前に契約する「終活支援事業あんしん」を開始した。市の高齢化率は47%で県内の市で最も高く、市民の終末期に対する不安を緩和し、安心して老後を暮らせるようにするのが狙い。
対象は65歳以上で単身で暮らす市民約6300人。希望する人は、市長寿支援室に相談した上で、市内外の協力葬儀社の中から希望に沿う会社を選び、契約を結ぶシステム。費用は事前払い。市は利用者、葬儀社と契約に関する情報を共有し、登録カードを交付。利用者が死去した際は市が葬儀社に連絡し、契約通りに葬儀と埋葬が実施されるよう支援する。静岡県内では初めての取り組みという。
(熱海ネット新聞)
■問い合わせ 熱海市長寿介護課 長寿支援室 0557ー86ー6264

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-5-29

    「青紫」の花びら、熱海に初夏告げる 「ジャカランダ」続々開花 

    熱海市に初夏を告げる世界三大花木の一つ「ジャカランダ」が、熱海サンビーチと国道135号線に挟まれた…
  2. 2020-5-29

    歌手生活60年、橋幸夫さんが熱海警察署「一日署長」 安全の架け「橋」

    今年7月で歌手生活60年を迎える橋幸夫さん(77)が5月29日、熱海警察署の一日署長を務め…
  3. 2020-5-28

    特別定額給付金10万円 熱海市、第1回目の振込実施 オンライン申請者へ

    新型コロナウイルスに伴う緊急経済対策として国が国民1人当たり10万円を配る特別定額給付金について …
  4. 2020-5-28

    熱海梅園でゲンジボタルの「夜間飛行」始まる いくつもの幻想的な光跡

    「ホタルの名所」熱海梅園で5月27日夜、ホタルたちが飛び交い始めた。園内を流れる初川支流の通称「ほ…
ページ上部へ戻る