熱海市、単身高齢者の終活支援 葬儀・埋葬、葬儀社と生前に段取り契約

熱海市は8月から、単身高齢者が自身の葬儀・埋葬を生前に契約する「終活支援事業あんしん」を開始した。市の高齢化率は47%で県内の市で最も高く、市民の終末期に対する不安を緩和し、安心して老後を暮らせるようにするのが狙い。
対象は65歳以上で単身で暮らす市民約6300人。希望する人は、市長寿支援室に相談した上で、市内外の協力葬儀社の中から希望に沿う会社を選び、契約を結ぶシステム。費用は事前払い。市は利用者、葬儀社と契約に関する情報を共有し、登録カードを交付。利用者が死去した際は市が葬儀社に連絡し、契約通りに葬儀と埋葬が実施されるよう支援する。静岡県内では初めての取り組みという。
(熱海ネット新聞)
■問い合わせ 熱海市長寿介護課 長寿支援室 0557ー86ー6264

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-9-18

    菅内閣、国土交通副大臣に岩井茂樹氏 内閣府副大臣と復興副大臣を兼務

    政府は9月18日の閣議で、菅内閣発足に伴う副大臣と政務官の人事を決めた。副大臣人事では、国土交通副…
  2. 2020-9-18

    熱海市民向け宿泊プラン 神奈川・静岡県民も対象に 宿泊5千円補助

    川口健市議 熱海市は、新型コロナウイルス感染症拡大に伴う緊急経済対策として独自に実施していた…
  3. 2020-9-18

    熱海市のコロナ感染者比率県内トップ 人口10万人に置き換えと106人

    杉山利勝市議 熱海市議会9月定例会の一般質問が9月17日始まり、各議員から新型コロナウイルス…
  4. 2020-9-17

    ホテル「ISHINOYA熱海」オープン 斜面型集合住宅「熱海パサニア」改修

    全国で貸し会議室や宿泊研修ホテルを手がけるティーケーピー(TKP、本社・東京都新宿区)は9…
ページ上部へ戻る