熱海市、単身高齢者の終活支援 葬儀・埋葬、葬儀社と生前に段取り契約

熱海市は8月から、単身高齢者が自身の葬儀・埋葬を生前に契約する「終活支援事業あんしん」を開始した。市の高齢化率は47%で県内の市で最も高く、市民の終末期に対する不安を緩和し、安心して老後を暮らせるようにするのが狙い。
対象は65歳以上で単身で暮らす市民約6300人。希望する人は、市長寿支援室に相談した上で、市内外の協力葬儀社の中から希望に沿う会社を選び、契約を結ぶシステム。費用は事前払い。市は利用者、葬儀社と契約に関する情報を共有し、登録カードを交付。利用者が死去した際は市が葬儀社に連絡し、契約通りに葬儀と埋葬が実施されるよう支援する。静岡県内では初めての取り組みという。
(熱海ネット新聞)
■問い合わせ 熱海市長寿介護課 長寿支援室 0557ー86ー6264

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2019-11-13

    熱海梅園で「梅」開花、全国で最も早く 一番咲きは白の冬至梅

    熱海市は11月12日、日本一早咲きの梅の名所で知られる熱海梅園で「梅が今シーズン最初の花を…
  2. 2019-11-13

    【お悔やみ】根本三千代さん(熱海市網代)11月10日死去

    根本三千代さん(ねもと・みちよ)11月10日死去、84歳。熱海市網代。通夜14日午後6時。葬儀15…
  3. 2019-11-12

    錦秋の秋、11月16日から「熱海梅園もみじまつり」〜12月8日まで

    「日本一遅い紅葉」で知られる熱海梅園で「もみじまつり」が11月16日に開幕する。園内には380本の…
  4. 2019-11-12

    季節限定、山田屋「熱海おでん」注文殺到 令和バージョンはうどん付きも

    お魚のすり身の店「山田屋」(熱海市咲見町)が、毎年季節限定で販売する「熱海(あつうみ)おで…
ページ上部へ戻る