お盆の送り火 8月16日に長浜海岸で「百八体かがり火」&「灯篭流し」

熱海のお盆の風物詩、「伊豆多賀温泉 百八体流灯祭」が8月16日、熱海市の長浜海岸で開かれる。「灯篭流し」は午後6時から受付が始まり、午後7時30分に多賀湾に流す。「灯篭」は午後6時から受付が始まり、1000円(ピンク・水色・黄・緑)で購入できる。お盆の送り火となる「百八体かがり火」は午後8時に点火、長浜から下多賀の中野までの海岸線3キロにかがり火270基を焚く。300年の歴史を有するお盆の伝統仏事で日本最大級の規模。当日は「ながはまビール・フェスタ」も午後5時からうみえ〜る長浜で開催する。
「灯篭流し」は中野海岸でも行われる。
午後8時20分からは、網代温泉海上花火大会大火が開かれ、多賀湾と網代湾の夜空を彩る。
(熱海ネット新聞)
■問い合わせ 多賀観光協会(0557-67-2255)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-11-23

    紅葉色づく庭園 秋の一般公開始まる 熱海・植物研究園、29日まで

    紅葉の見頃を迎えた熱海市の新技術開発財団・植物研究園で11月23日、「秋の一般公開」が始ま…
  2. 2020-11-22

    地平線に沈む夕陽に歓声、「トワイライト運行」 熱海・十国峠ケーブルカー

    秋の3連休に合わせ、熱海市と函南町に位置する十国峠ケーブルカー(伊豆箱根鉄道)で11月21…
  3. 2020-11-22

    「我慢の3連休」 紅葉色づく熱海梅園、第3波よそに観光客続々

    深まる秋、日本一遅い紅葉の名所・熱海梅園でも紅葉の色づきが進んでいる。新型コロナウイルスの…
  4. 2020-11-21

    前日発表の熱海市の陽性患者と一緒に勤務と食事、伊東市でコロナ感染者

    静岡県は11月21日、伊東市の高齢でない成人(県1118例目)が新型コロナウイルスに感染したと発表…
ページ上部へ戻る