送り盆行事 「灯ろう流し」 揺れる光見つめ、先祖の魂を弔う 熱海市・長浜海岸

先祖や亡くなった人の霊を供養する送り盆の行事「灯ろう流し」が8月16日、熱海市上多賀の長浜をはじめ、中野海岸、下多賀・池田港の3カ所であった。長浜海水浴場では、伝統行事「百八体流灯祭」の前に行われ、多賀観光協会がピンク、黄、緑、白の風よけ和紙が付けられた灯ろう(1組1000円)を100基を用意。地元住人や観光客が買い求めたり、持ち込んだりした灯ろうにそれぞれ供養の言葉や願い事を書いて砂浜から海に流した。多賀湾に500基余りの淡い光がゆるやかに揺れると訪れた人たちは手を合わせ、先祖の魂を弔った。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-2-26

    新型コロナ 静岡県内の検査、24日までに75件 全員が「陰性」

    川勝平太静岡知事は2月25日、国内外で感染者が増えている新型コロナウイルスによる新型肺炎について、…
  2. 2020-2-26

    28日の逍遥忌記念祭の式典中止 “新型コロナ”に配慮 海蔵寺墓参は実施

    熱海市は2月26日、28日に起雲閣で予定していた「逍遥忌記念祭」の式典を中止すると発表した。新型コ…
  3. 2020-2-26

    渚親水公園の大寒桜が満開 熱海市街、梅から桜に主役が再交代

    季節の変わり目に差し掛かり、三寒四温の影響で熱海市街の大寒桜(おおかんざくら)が一斉に満開…
  4. 2020-2-26

    2月定例会で市長が施政方針 熱海フォーラム規模縮小 図書館抜きで整備

    熱海市議会2月定例会が2月25日、開会した。齋藤栄市長は施政方針演説で、新年度を「熱海2030年ビ…
ページ上部へ戻る