浴衣姿で熱海の魅力発信 初島航路の定期船でファッションショー

熱海市街を着物姿で散策し、熱海の魅力アップに務める「あたみ着物姿普及委員会」(永田雅之代表)は8月17日、熱海―初島を運航する富士急マリンリゾートの定期船イルドバカンス・プレミアで昨夏に続いて浴衣姿のファッションショーを開いた。
「あたみ着物まち歩き」イベントの一環で行い、通算5度目。この日は市内外から参加した約70人がJR熱海駅に集合。思い思いに市街をまち歩きした後、熱海港午後5時20分発の初島航路の最終便に乗船。往路はカモメと潮風を浴びながら熱海市街や初島の景観を楽しみ、復路の船内デッキで自慢の浴衣姿を披露し合った。
夜は市内清水町の熱海魚市場で「浜焼きパーティー」を行い、交流を深めた。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-2-26

    新型コロナ 静岡県内の検査、24日までに75件 全員が「陰性」

    川勝平太静岡知事は2月25日、国内外で感染者が増えている新型コロナウイルスによる新型肺炎について、…
  2. 2020-2-26

    28日の逍遥忌記念祭の式典中止 “新型コロナ”に配慮 海蔵寺墓参は実施

    熱海市は2月26日、28日に起雲閣で予定していた「逍遥忌記念祭」の式典を中止すると発表した。新型コ…
  3. 2020-2-26

    渚親水公園の大寒桜が満開 熱海市街、梅から桜に主役が再交代

    季節の変わり目に差し掛かり、三寒四温の影響で熱海市街の大寒桜(おおかんざくら)が一斉に満開…
  4. 2020-2-26

    2月定例会で市長が施政方針 熱海フォーラム規模縮小 図書館抜きで整備

    熱海市議会2月定例会が2月25日、開会した。齋藤栄市長は施政方針演説で、新年度を「熱海2030年ビ…
ページ上部へ戻る