懲役2年、前伊東市長の実刑確定 伊東市、退職金5400万円を全額返還請求へ

伊東市の旧伊東マンダリン岡本ホテル跡地売買をめぐる贈収賄事件で収賄の罪に問われ、一審に続き二審の東京高裁で実刑判決を受けた前伊東市長の佃弘巳被告(72)は上告期限の8月22日までに上告せず、懲役2年、追徴金1300万円の判決が確定した。近く収監される。
 これに伴い、伊東市の小野達也市長は23日、同被告に対し3期分の退職金約5400万円全額の返還を求める方針を明らかにした。合わせて跡地の購入の際、所有者の建設・不動産会社と1億9千万円で合意しながら、2億500万円の補正予算を組ませて取得したことから、差額の1500万円についても損害賠償請求をする方針。

確定判決によると、佃被告は市長だった2015年8月下旬~9月上旬、同市の不動産会社が所有するホテル跡地を市が購入した取引に関し、謝礼として同社元社長=執行猶予付き有罪判決が確定=から300万円を、仲介役の男=同=を介して1000万円を、それぞれ受け取った。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-8-10

    網代温泉海水浴場 お盆休みの「密」避け、夏楽しむ 隠れた人気スポット

    熱海市にある3つの海水浴場の一つ、網代温泉水浴場でも8月9日、混雑のピークを迎えた。網代温泉が隆盛…
  2. 2020-8-10

    長浜ビーチに若者らが続々、ピーク突入 8月12日にお盆恒例の花火大会

    お盆休みを迎え、熱海市上多賀の長浜海水浴場でも8月9日、首都圏などの若者を中心に混雑が始まった。今…
  3. 2020-8-10

    熱海サンビーチ、今年一番の混雑 入場制限に備え「五輪対策専門家」配備

    熱海サンビーチで8月9日、今年一番の人出を記録した。今夏はコロナの感染予防のため、熱海市は…
  4. 2020-8-10

    熱海市上宿町で住宅兼会社の火災 1時間後に鎮火、けが人はなし

    12月9日午前3時25分ごろ、熱海市上宿町の三ツ星工業で住宅兼会社の一部を焼く火災があり、約1時間…
ページ上部へ戻る