熱海市に大雨、雷、強風注意報 東海道新幹線も一時、運転見合わせ

静岡地方気象台は8月28日午前8時23分、熱海市に大雨、雷、強風、洪水注意報を発令した。西日本から東日本にのびる前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込み、前線の活動が活発になっているという。
また、午前9時15分頃、東海道新幹線の小田原―新富士駅間で停電が発生した。この停電の影響で、同線は上りが米原―新横浜駅間、下りが東京―静岡駅間で運転を見合わせていたが、午前9時47分に運転を再開した。

気象庁は、同日午前5時50分、福岡、佐賀、長崎の各県に警戒レベル5の大雨特別警報を発表した。これまでに経験したことのないような大雨になっている所があり、最大級の警戒を呼びかけている。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-1-23

    梅咲けど、熱海梅園の来園者83%減 コロナの影響深刻 市内経済に打撃

    新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言の影響で熱海梅園で開催中の「梅まつり」の来園者…
  2. 2021-1-23

    齋藤栄市長、県内35市町を代表して知事に緊急事態宣言を要望 知事は難色

    英国で流行している新型コロナの変異ウイルスが静岡県内で確認されたことを受け、県市長会の会長を務める…
  3. 2021-1-23

    文豪坪内逍遥が愛した窓辺の春景色 双柿舎のあたみ桜が見頃に

    明治の文豪「坪内逍遙」の熱海の住居「双柿舎(そうししゃ)」であたみ桜が見頃に近づいた。庭に樹齢30…
  4. 2021-1-22

    大相撲デビューの熱海富士、序ノ口で6勝1敗 千秋楽の優勝決定戦へ 

    大相撲初場所は1月22日、東京・両国国技館で13日目の取組が行われ、東序ノ口25枚目の熱海富士(1…
ページ上部へ戻る