熱海市の個人市民税1億5933万円増加 タワマン効果で高額納税者が転入

熱海市は8月28日、2018年の一般会計の決算案を公表し、個人市民税が1億5933万円増加して21億8614万円(7・9%増)に達したことを明らかにした。人口が約280人が減少する中で、個人市民税が増加する逆転現象が起きたことについて、齋藤栄市長は「熱海駅近くにできたタワーマンションなどの建設が完了して入居が可能になり、富裕層の納税者が増えたことと転入者超過で10年ぶりに納税義務者が増えたこと」を要因に挙げた。
入湯税収入は4億3957万円(1・5%減)、別荘等所有税は5億2969万円(1・0%増)。また、市税収入の57%を占める固定資産税は47億9213万円(0・2%減)、都市計画税は9億2621万円(0・1%減)。
歳入総額は 199億9638万円(6・1%増)で、歳出総額は188億1955万円(5・5%増)。財政健全化の判断を示す実質公債費比率は3・5%(0・9ポイント減)、将来負担比率は10・1%(同)だった。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-9-20

    秋づく熱海、ススキの穂が秋風に揺れる 赤紫の萩の花鮮やか 姫の沢公園

    例年より遅い秋を迎えた熱海市の姫の沢公園で秋の七草の一つ、萩が見頃を迎え、赤紫のかれんな花…
  2. 2021-9-20

    3連休で熱海サンビーチに多くの人 緊急事態宣言の長期化で息抜き

    秋の3連休の中日となった9月19日、熱海の人出は、前週日曜の12日から増えた。緊急事態宣言の長期化…
  3. 2021-9-18

    地元の勝俣孝明衆院議員は「河野太郎氏支持」 自民党総裁選が告示

    自民党総裁選が9月17日告示され、立候補した河野太郎行政改革担当相、岸田文雄前政調会長、高市早苗前…
  4. 2021-9-18

    紅白の彼岸花、オレンジの金木犀が見頃に 熱海梅園は秋景色

    秋の3連休を前に熱海梅園の蛍川のほとりで赤い彼岸花(別名:曼珠沙華=マンジュシャゲ)に続い…
ページ上部へ戻る