熱海市の個人市民税1億5933万円増加 タワマン効果で高額納税者が転入

熱海市は8月28日、2018年の一般会計の決算案を公表し、個人市民税が1億5933万円増加して21億8614万円(7・9%増)に達したことを明らかにした。人口が約280人が減少する中で、個人市民税が増加する逆転現象が起きたことについて、齋藤栄市長は「熱海駅近くにできたタワーマンションなどの建設が完了して入居が可能になり、富裕層の納税者が増えたことと転入者超過で10年ぶりに納税義務者が増えたこと」を要因に挙げた。
入湯税収入は4億3957万円(1・5%減)、別荘等所有税は5億2969万円(1・0%増)。また、市税収入の57%を占める固定資産税は47億9213万円(0・2%減)、都市計画税は9億2621万円(0・1%減)。
歳入総額は 199億9638万円(6・1%増)で、歳出総額は188億1955万円(5・5%増)。財政健全化の判断を示す実質公債費比率は3・5%(0・9ポイント減)、将来負担比率は10・1%(同)だった。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-6-2

    夏開業予定の「熱海プリンスホテル」、秋以降に延期 新型コロナ影響で

    西武グループのプリンスホテル(本社・東京都豊島区)は、新型コロナウイルスの感染拡大を防止するため、…
  2. 2020-6-2

    熱海市独自の経済支援策第2弾 市民と別荘所有者向けに「特別宿泊プラン」

    熱海市は、新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急経済対策の第2弾として「市民向け宿泊プラン」を実施す…
  3. 2020-6-1

    コロナで閉鎖の市営駐車場が再開 熱海サンビーチ、自家用車で行楽客続々 

    新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言が全面解除されて最初の日曜日となった5月31日…
  4. 2020-5-31

    熱海市の一斉清掃始まる 先陣切って西山町内会、三密避け各組が分散開催

    熱海市では毎年6月の第1日曜日を中心に、梅雨時期の衛生向上と夏の観光シーズンに備えて各町内…
ページ上部へ戻る