元ヤオハングループ代表 和田一夫氏死去 熱海市の八百屋「八百半」を国内外に

熱海市の八百屋「八百半」を世界的な流通小売グループ「ヤオハン」に発展させたグループヤオハン創業者で元会長の和田一夫氏が8月19日に伊豆の国市の自宅で死去していたことが28日、分かった。90歳だった。一代で16の国・地域に約430店舗を持つ年商5千億円の一大流通グループを築いたが、過剰投資などがあだとなって国内事業を担っていたヤオハンジャパンの倒産を招いた。葬儀・告別式は9月21日午前10時から、伊豆の国のJAハートフルメモリー韮山会館。喪主は妻きみ子さん。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-5-26

    緊急事態の全面解除で警戒 首都圏からの観光客が7〜8割の熱海市

    政府は5月25日、新型コロナウイルス特別措置法に基づく緊急事態宣言が継続中だった北海道と首都圏の東…
  2. 2020-5-26

    熱海の病院職員のコロナ感染 濃厚接触者の外来患者、職員「全員陰性」

    静岡県は5月25日、前日公表した国際医療福祉大学熱海病院の男性職員(三島市)の新型コロナウイルス感…
  3. 2020-5-25

    来宮神社厄年奉賛会 6月1日授業再開の小中学生全員にマスク寄贈

    熱海市の来宮神社例大祭(7月14日-16日)で今年度、御鳳輦(ごほうれん)奉仕を行う厄年奉…
  4. 2020-5-24

    国際医療福祉大学熱海病院の男性職員、新型コロナ感染 経路は不明

    静岡県は5月24日、熱海市の国際医療福祉大学熱海病院の男性職員が新型コロナウイルスに感染したと発表…
ページ上部へ戻る