熱海国際映画祭 第三者委員会に340万円計上 混乱の原因を検証

熱海市は8月28日、市役所で記者会見を開き、9月4日に開会する市議会9月定例会に上程する議案を公表した。補正予算案4件など計26案件。一般会計補正予算案では、混乱を招いた第1回熱海国際映画祭の事実関係を検証する第三者委員会(弁護士3人と公認会計士・税理士1人の計4人で構成)の委員費用として342万円(報償費257万円、旅費85万円)、訴訟の弁護士費用に100万円を計上した。
同委員会は、関係者の聞き取りや経理書類、銀行口座の入出金などを確認し、11月までに最終報告書を取りまとめるとしている。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-2-22

    ダイヤモンド・プリンセスの乗客に熱海市の夫妻も 下船許可に安堵

    横浜港・大黒ふ頭に停泊中のクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」で2月21日、新型コロナウイルスの…
  2. 2020-2-21

    静岡県立高校の入学願書締め切り 熱海は0.94倍 で定員割れ

    静岡県内の公立高校の入学願書の受け付けが締め切られ、県教育委員会は2月20日、志願倍率を発表した。…
  3. 2020-2-21

    新型肺炎感染に配慮 藤曲敬宏県議「県議会傍聴バスツアー」取りやめ

    新型コロナウイルスによる肺炎拡大で、熱海市選出の藤曲敬宏県議の後援会「藤曲たかひろ事務所」は、3月…
  4. 2020-2-20

    「大漁桜」が満開 漁師まちがサクラダイ色 網代・阿治古神社

    熱海市網代の阿治古神社で大漁桜(タイリョウザクラ)が満開を迎えた。多賀中で校長を務めた故角田春彦さ…
ページ上部へ戻る