突風で倒木被災 熱海梅園の「甲州最小」なぎ倒す

静岡県三島市で突風が発生し、住宅の壁がはがれたりマンションのガラスが割れたりするなどの被害が相次いだ8月28日午前、熱海梅園でも突風が発生し、「甲州最小」の梅の木1本をなぎ倒した。
西日本から東日本にのびる前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込み、前線の活動が活発になり、熱海市内全域に大雨、雷、強風、洪水注意報が発令されていた。市は30日から復旧工事を行う。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-5-26

    緊急事態の全面解除で警戒 首都圏からの観光客が7〜8割の熱海市

    政府は5月25日、新型コロナウイルス特別措置法に基づく緊急事態宣言が継続中だった北海道と首都圏の東…
  2. 2020-5-26

    熱海の病院職員のコロナ感染 濃厚接触者の外来患者、職員「全員陰性」

    静岡県は5月25日、前日公表した国際医療福祉大学熱海病院の男性職員(三島市)の新型コロナウイルス感…
  3. 2020-5-25

    来宮神社厄年奉賛会 6月1日授業再開の小中学生全員にマスク寄贈

    熱海市の来宮神社例大祭(7月14日-16日)で今年度、御鳳輦(ごほうれん)奉仕を行う厄年奉…
  4. 2020-5-24

    国際医療福祉大学熱海病院の男性職員、新型コロナ感染 経路は不明

    静岡県は5月24日、熱海市の国際医療福祉大学熱海病院の男性職員が新型コロナウイルスに感染したと発表…
ページ上部へ戻る