年に一度の「2尺玉」、 直径500mの大輪 熱海の夏季花火大会締めくくる

この夏最後の熱海海上花火大会が8月30日、熱海湾で開かれ、年に1度だけ打ち上げられる2尺玉(20号玉)が熱海の夜空を焦がし、夏季シリーズを締めくくった。
主役を務めたのが、熱海市の花火を手がける株式会社イケブン(藤枝市)特製の八重芯錦冠菊。3万7千人(主催者発表)の観衆が見守る中、直径約60センチ、重さ70kgの2尺玉が長い光の尾を残しながらゆっくりと上昇。上空600メートルで青い閃光(せんこう)を放った後、直系約500メートルの鮮やかなオレンジ色の大輪を咲かせた。息を飲む迫力。渚親水公園やサンビーチから歓声と拍手が起き、後を追うように「ドドーン」の轟音(ごうおん)が響いた。
毎回5000発が夜空を焦がした7回シリーズの夏季熱海海上花火大会は、最終日に実施する恒例の「2尺玉と大空中ナイアガラ」の共演で終了。熱海駅前へ向かう平和通り商店街などの通路や道路は、首都圏などから2尺玉見物に訪れた人たちで終電まで混雑が続いた。次回は秋季海上花火大会として9月16日に開催する。
(熱海ネット新聞・松本洋二)
■主催=熱海温泉ホテル旅館協同組合
■2019年(令和元年)熱海海場花火大会
春 3/31(日)・4/20(土)・5/11(土)・5/26(日)・6/16(日)・6/29(土)
夏 7/26(金)・7/30(火)・8/5(月)・8/8(木)・8/18(日)・8/23(金)・8/30(金)
秋 9/16(月・祝)
冬 12/8(日)・12/15(日)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-5-28

    特別定額給付金10万円 熱海市、第1回目の振込実施 オンライン申請者へ

    新型コロナウイルスに伴う緊急経済対策として国が国民1人当たり10万円を配る特別定額給付金について …
  2. 2020-5-28

    熱海梅園でゲンジボタルの「夜間飛行」始まる いくつもの幻想的な光跡

    「ホタルの名所」熱海梅園で5月27日夜、ホタルたちが飛び交い始めた。園内を流れる初川支流の通称「ほ…
  3. 2020-5-27

    コロナ時代の「新しい生活様式」、カウンター席に「仕切り」 あたみ田中家

    新型コロナウイルス感染拡大に伴う政府の緊急事態宣言が全面解除され、首都圏からの観光客が約8…
  4. 2020-5-27

    熱海市 6月1日から文化、公園、観光施設を再開 起雲閣、海釣り施設など

    熱海市は5月27日、新型コロナウイルス対策で臨時休館していた文化施設と公園施設、観光施設の一部を6…
ページ上部へ戻る