熱海サンビーチの海水浴客 32・8%増の17万7450人 天候に恵まれ大幅増

熱海市は9月2日、今夏の市内3海水浴場(7月13日〜9月1日)の利用者数を公表した。51日間のトータルで21万5741人(前年比19・3%増)、3万4927人増加した。
熱海サンビーチは17万7450人(32・8%増)で4万3850人増えた。もっとも多かったのは、8月10日の1万1700人だった。
昨年(2018年)は大型台風12号などの影響による遊泳禁止、有料道路「熱海ビーチライン」の通行止めが響き、2割ほど減少したが、今年は大きな台風の上陸などがなく、2017年(16万5220人)並みに回復した。
一方、長浜海水浴場は3万3872人(同22・1%)で9618人減少。市によれば、梅雨明けの遅れにより、7月中の天候不良が長引いたことと台風接近による波のうねりの高まる日が続いたためという。
網代温泉海水浴場は4419人(同18・7%増)で695人増加。最近10年でもっとも多かった。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-2-26

    新型コロナ 静岡県内の検査、24日までに75件 全員が「陰性」

    川勝平太静岡知事は2月25日、国内外で感染者が増えている新型コロナウイルスによる新型肺炎について、…
  2. 2020-2-26

    28日の逍遥忌記念祭の式典中止 “新型コロナ”に配慮 海蔵寺墓参は実施

    熱海市は2月26日、28日に起雲閣で予定していた「逍遥忌記念祭」の式典を中止すると発表した。新型コ…
  3. 2020-2-26

    渚親水公園の大寒桜が満開 熱海市街、梅から桜に主役が再交代

    季節の変わり目に差し掛かり、三寒四温の影響で熱海市街の大寒桜(おおかんざくら)が一斉に満開…
  4. 2020-2-26

    2月定例会で市長が施政方針 熱海フォーラム規模縮小 図書館抜きで整備

    熱海市議会2月定例会が2月25日、開会した。齋藤栄市長は施政方針演説で、新年度を「熱海2030年ビ…
ページ上部へ戻る