即興音楽ライブと市街パレード 9月20日、21日に「第1回熱海未来音楽祭」

昭和レトロな熱海の街を未来の入口に変換させるイベント「第1回熱海未来音楽祭」が9月20日(金)、21日(土)に熱海市内で開かれる。国内外で活躍するさまざまなの音楽家を招き、「過去から未来へ」をテーマに即興演奏で市内外の人たと交流を図る。
20日は午後1時と同2時30分から熱海駅前の仲見世通り商店街で無料のストリートライブ。大熊ワタルさん(クラリネット)、こぐれみわぞうさん(チンドン太鼓)、巻上公一さん(ボイス、テルミン)、佐藤正治さん(パーカッション)、伊藤千枝子さん(ダンス)がパフォマンスを披露する。
午後7時から起雲閣音楽サロンで熱海未来音楽祭の初日ライブ「詩そして電子音」。町田康さん(芥川賞作家、詩の朗読)、巻上公一さん(ボイス、テルミン)、佐藤正治さん(パーカッション)、Anna Lerchbaumer、Andreas Zißler(ともにウィーンで活動、電子音楽)が出演する。
21日は午前11時からアートパレード「熱海の国のアリス」。楽団と市民らが仲見世通り商店街ー熱海銀座ー熱海サンビーチを練り歩く。
午後4時から起雲閣で熱海未来音楽祭の2日目ライブ「水際立つ響き」。沖至さん(トランペット)、Jim O’Rourke(シカゴで活躍、ギター、シンセサイザー)、石橋英子さん(ピアノ、フルート)、巻上公一さん(ボイス、テルミン)、佐藤正治さん(パーカッション)がステージを飾る。
バンド「ヒカシュー」などで活躍する 熱海市生まれで在住の巻上公一氏がプロデュースし、主催。屋外イベントとパレードは観覧、参加無料。ライブは有料。東京オリンピック・パラリンピックに向けた「静岡県文化プログラム」の一つで開催する。
(熱海ネット新聞)
■問い合わせ 0465-63-0578、メールmakigamioffice@gmail.com

チラシの曜日修正 20日(土)→(金)、21日(日)→(土)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-8-7

    「熱海市の発展に使って」市にゆかりのある夫妻が匿名で3000万円寄付

    熱海市は8月7日、「熱海市の発展のために使ってほしい」と、熱海市にゆかりのある夫妻から現金3000…
  2. 2020-8-7

    【お悔やみ】石塚周三さん(熱海市和泉)8月4日死去

    石塚周三さん(いしづか・しゅうぞう)8月4日死去、79歳。熱海市泉。通夜8日午後6時。葬儀9日午後…
  3. 2020-8-6

    熱海サンビー混雑状況 初めて「普通」表示 800人以下の「空き」脱出

    熱海海上花火大会が開催された8月5日、熱海サンビーチには首都圏などから多くの海水浴客が訪れた。新型…
  4. 2020-8-6

    4カ月遅れて熱海海上花火大会 ライブ配信が奏功 生観覧は例年の約4割

    新型コロナウイルスの影響で4月から中止が続いた熱海海上花火大会が8月5日夜、熱海湾であり、…
ページ上部へ戻る