十国峠ケーブルカー、星空観察で混雑 ペガススの大四方形や木星&土星

熱海市と函南町にまたがる十国峠ケーブルカー十国峠山頂駅」で9月14日と15日、午後7時から「星空・惑星観察会」が開かれている。伊豆箱根鉄道と月光天文館(函南町)が2016年に始めた人気コラボ企画。遮るものが一切なく、360°パノラマで天体を観ることができる。
3連休に合わせて企画した今回は、仲秋の名月翌日の満月に接近する木星、土星。秋の大曲線、ペガスス座(ペガサス座)とアンドロメダ座の4つの星からなる「ペガススの大四方形」の観察がテーマ。初日は市内外から146人の天体ファンが訪れ、同天文館のスタッフから9月の星座のや月の位置など説明を聞いたあと、口径20センチの反射望遠鏡3台と同10センチの屈折望遠鏡を使って順番に天体を観望した。
14日は途中から時おり雲がかかったが、今年最小の満月や木星の縞模様、土星の輪をとらえる事が出来、天体望遠鏡の性能と宇宙の神秘を体感した。
15日も通常の運行時間を延長して開催し、ケーブルカーの往復運賃(おとな720円、小学生以下360円)だけで楽しめる。下り最終は午後8時20分。問い合わせは0557ー81ー6895(十国峠ケーブルカー)へ。
(熱海ネット新聞)

■次回は10月12(土)、13(日)に「十三夜〜栗名月」を開催。十五夜についで美しいとされる「お月見」を楽しむ。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-5-31

    熱海市の一斉清掃始まる 先陣切って西山町内会、三密避け各組が分散開催

    熱海市では毎年6月の第1日曜日を中心に、梅雨時期の衛生向上と夏の観光シーズンに備えて各町内…
  2. 2020-5-30

    姫の沢公園の駐車場 県内客念頭に再開 アスレチック広場に多くの家族連れ

    新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言が全面解除されて最初の週末を迎えた5月30日、…
  3. 2020-5-30

    経済損出額191億円 3〜5月の熱海宿泊客数、前年比3分の1以下

    熱海市は5月29日、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、3月から5月の宿泊客数が去年の同じ時期の3…
  4. 2020-5-29

    「青紫」の花びら、熱海に初夏告げる 「ジャカランダ」続々開花 

    熱海市に初夏を告げる世界三大花木の一つ「ジャカランダ」が、熱海サンビーチと国道135号線に挟まれた…
ページ上部へ戻る