十国峠ケーブルカー、星空観察で混雑 ペガススの大四方形や木星&土星

熱海市と函南町にまたがる十国峠ケーブルカー十国峠山頂駅」で9月14日と15日、午後7時から「星空・惑星観察会」が開かれている。伊豆箱根鉄道と月光天文館(函南町)が2016年に始めた人気コラボ企画。遮るものが一切なく、360°パノラマで天体を観ることができる。
3連休に合わせて企画した今回は、仲秋の名月翌日の満月に接近する木星、土星。秋の大曲線、ペガスス座(ペガサス座)とアンドロメダ座の4つの星からなる「ペガススの大四方形」の観察がテーマ。初日は市内外から146人の天体ファンが訪れ、同天文館のスタッフから9月の星座のや月の位置など説明を聞いたあと、口径20センチの反射望遠鏡3台と同10センチの屈折望遠鏡を使って順番に天体を観望した。
14日は途中から時おり雲がかかったが、今年最小の満月や木星の縞模様、土星の輪をとらえる事が出来、天体望遠鏡の性能と宇宙の神秘を体感した。
15日も通常の運行時間を延長して開催し、ケーブルカーの往復運賃(おとな720円、小学生以下360円)だけで楽しめる。下り最終は午後8時20分。問い合わせは0557ー81ー6895(十国峠ケーブルカー)へ。
(熱海ネット新聞)

■次回は10月12(土)、13(日)に「十三夜〜栗名月」を開催。十五夜についで美しいとされる「お月見」を楽しむ。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-2-24

    丹那神社例祭、神事だけに規模縮小 “新型コロナ”で付帯行事中止

    熱海市の丹那神社奉賛会(田島秀雄会長)は4月5日に福道町の同神社で斎行する例祭を規模を縮小して斎行…
  2. 2020-2-24

    富士山の日 天皇即位で今年から祝日 十国峠で「早春ウォーク」

    天皇誕生日と重なり祝日となった「富士山の日」の2月23日、熱海市と函南町にまたがる十国峠で富士山に…
  3. 2020-2-22

    ダイヤモンド・プリンセスの乗客に熱海市の夫妻も 下船許可に安堵

    横浜港・大黒ふ頭に停泊中のクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」で2月21日、新型コロナウイルスの…
  4. 2020-2-21

    静岡県立高校の入学願書締め切り 熱海は0.94倍 で定員割れ

    静岡県内の公立高校の入学願書の受け付けが締め切られ、県教育委員会は2月20日、志願倍率を発表した。…
ページ上部へ戻る