昭和レトロと現代音楽の融合 熱海未来音楽祭、ちんどんパフォーマンス開幕 

バンド「ヒカシュー」などで活躍する熱海市在住の音楽家・巻上公一さんがプロデュースする「熱海未来音楽祭」が9月20日、開幕した。初日は熱海駅前広場と仲見世通り商店街で、クラリネットの大熊ワタルさん、テルミンの巻上公一さん、ちんどん太鼓のこぐれみわぞうさんが、懐かしいちんどんの音色を現代風に響かせ、熱海に残る昭和レトロと現代音楽をミックスさせた。
起雲閣では、「詩そして電子音」と題したコンサートを開き、巻上さんや芥川賞作家の町田康さん、佐藤正治さん、Anna Lerchbaumer、Andreas Zißlerらが即興の演奏と詩の朗読を組み合わせたステージを繰り広げ、観客を魅了した。
21日は同商店街から(熱海銀座通り経由)熱海サンビーチまでアートパレード「熱海の国のアリス」を行い、起雲閣でコンサート「水際立つ響き」を開く。
東京オリンピック・パラリンピックに向けた「静岡県文化プログラム」の一つで実施している。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2019-12-5

    熱海梅園の日本一遅い紅葉、ピーク迎える! 赤、橙、黄グラデーション鮮やか

    「熱海梅園もみじまつり」最終週の12月4日、今シーズンの紅葉のピークを迎えた。園内の380…
  2. 2019-12-4

    熱海駅前商店街で防災訓練 消防署員から応急手当学ぶ 観光客の救護手順確認

    熱海市各地区の自主防災組織は12月1日の「地域防災の日」に防災訓練を行なったが、平…
  3. 2019-12-3

    台風被害のホテル旅館支援 熱海市、割引クーポンを発行 断水施設は2千円

    熱海市は12月2日、台風19号で断水などの被害を受けた市内のホテル旅館の誘客促進に2千円と…
  4. 2019-12-3

    幻想的な光、駐杖橋の紅葉彩る 熱海梅園でライトアップ

    「熱海梅園もみじまつり」開幕中の熱海梅園では、夜間も観光客が訪れ、静かな雰囲気の中でライト…
ページ上部へ戻る