囲碁、19歳芝野八段が名人奪取へあと1勝 注目の第5局は「あたみ石庭」

囲碁の第44期名人戦7番勝負の第4局は9月25、26の両日、兵庫県宝塚市の「宝塚ホテル」で打たれ、挑戦者の芝野虎丸八段(19)が233手で張栩名人(39)に黒番中押し勝ちし、対戦成績を3勝1敗として、最年少での七大タイトル獲得まであと1勝に迫った。挑戦者は開幕初戦を落としたあとに3連勝。
注目の第5局は10月7、8日に熱海市の旅館「あたみ石庭」で打たれる。
(熱海ネット新聞)

■名人戦7番勝負・日程
①ホテル椿山荘東京(8月27、28日)
②シャングリ・ラ・ファーイースタン プラザホテル台北(9月10日、11日)
③岐阜グランドホテル(9月17、18日)
④宝塚ホテル(9月25、26日)
⑤あたみ石庭(10月7、8日)
⑥今井荘(静岡県河津町、10月17日、18日)
⑦常盤ホテル(山梨県甲府市、11月12、13日)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-7-16

    熱海市でまた1人、新型コロナ感染 同じカラオケ飲食店利用の3人目

  2. 2020-7-16

    熱海サンビーチで「浜降り神事」 御鳳輦、天狗先導で海中を練る

  3. 2020-7-16

    新型コロナ・感染拡大防止で参列限定 来宮神社例大祭厳かに

  4. 2020-7-15

    秘密裏に宮神輿渡御 鎌倉時代からの伝統引き継ぐ 来宮神社例大祭

ページ上部へ戻る