熱海サンビーチでビーチアルティメット大会 全国から64チーム、979人

フライングディスクを使ったトレンディ競技「2019熱海ビーチアルティメット」(静岡県フライングディスク協会主催)が9月28日、29日の両日、熱海サンビーチで開催された。
1DAYトーナメントとして行い、県内外の大学生や高校生、社会人など64チーム(各日32)、計979人が男女混合5人制チーム(女性2名以上)を作って対戦。初日は中部の社会人チーム「レラシオネス」、最終日は関東の強豪「マイグラント」がそれぞれ優勝した。
熱海サンビーチデア、通常のアルティメット(7人制)より少し小さい50m×20mのフィールドでプレーを行い、砂浜を舞台にダイビングキャッチなど思い切ったプレーを楽しんだ。
ラクロスとともに大学生など若い世代に人気のアルティメットはフライングディスクを使い、アメフトやバスケなどの要素を合わせた競技。敵陣でディスクをキャッチすると得点となる。日本では2000年にスタートし、熱海サンビーチでは15年前から始まった。
熱海サンビーチの通年利用を目指す熱海市が後援し、エフエム熱海湯河原が協力している。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-6-2

    アベノマスク、熱海市でも配布始まる 2万1588世帯3万6417人へ

    新型コロナウイルス感染拡大防止のため、政府が全戸に届ける布マスクの配達が熱海市でも始まった。2枚1…
  2. 2020-6-2

    夏開業予定の「熱海プリンスホテル」、秋以降に延期 新型コロナ影響で

    西武グループのプリンスホテル(本社・東京都豊島区)は、新型コロナウイルスの感染拡大を防止するため、…
  3. 2020-6-2

    熱海市独自の経済支援策第2弾 市民と別荘所有者向けに「特別宿泊プラン」

    熱海市は、新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急経済対策の第2弾として「市民向け宿泊プラン」を実施す…
  4. 2020-6-1

    コロナで閉鎖の市営駐車場が再開 熱海サンビーチ、自家用車で行楽客続々 

    新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言が全面解除されて最初の日曜日となった5月31日…
ページ上部へ戻る